バ韓国で整形するのは自殺行為よりも下劣な行為




バ韓国の保健福祉部が行っている「外国人患者誘致事業」。

いやぁ、恐ろしい話です。


人外の存在でしか過ぎない屑チョンが、人類に対してメスを振るうだなんてホラー映画顔負けですよね。



さて、そんな外国人患者で最も診療費の実績が高かったのは「整形外科」のようです。

一人当たり平均344万ウォンも支出しているとのこと。




整形手術の費用としては高いとは思いませんが、それだけの金を払ってまで自分の人生を終わらせようとする馬鹿がいることに驚きを禁じ得ません。




冷静に考えれば、金を払ってバ韓国で整形手術するくらいなら、その金を慈善団体に寄付して自殺したほうがよっぽどマシだということが分かりそうなものなのに……。



これから先、屑チョンで整形手術をしたがために自殺する人が続出することでしょう。


自業自得なので同情する気はビタイチありませんが、世界中の嫌韓感情の後押しとして役立ってくれそうですね。



-----------------------
整形観光の外国人、平均344万ウォンの支出

 韓国保健福祉部の「外国人患者誘致事業現況」によれば、外国人患者の診療費実績が最も高い診療科目は、3年連続で整形外科と集計された。

 1人当りの診療費もやはり整形外科が344万ウォンで最も高かった。特に中国人の比率が急増した。外国人患者の誘致が可能になった2009年には、整形外科患者の中で中国人は27.7%を占めたが、昨年は67.6%と調査された。患者数も791人から1万6282人に、20倍以上に跳ね上がった。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=190038
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ