性奴隷としての適性がたまたま低かったバ韓国の女優チャン・ジョヤン



2009年に枕営業を強要されて自殺したバ韓国の女優チャン・ジョヤン。

その醜すぎる枕営業の内容が明らかになってきたようです。



・「両親の命日にも4人同時に相手をさせられた」

・取引先との枕営業を100回以上も命じられてきた。

・抵抗すれば、ひどく殴られる。

・遺書で「死んだ後でも必ず復讐してやる」と誓っていた。

・性接待は4年間、休みなく続いた。


いやぁ、酷いものですね。

しかし、これがバ韓国の日常風景なのです。この女優にはたまたま売春婦としての適性が他の屑チョンより低かっただけでしょうね。


戦時でもないのに性奴隷が履いて捨てるほど存在しているバ韓国。


こんな国、存在している価値があると思いますか?




-----------------------
自殺した韓国女優チャン・ジョヤンさん、「両親の命日も性接待させられた」―中国メディア

 台湾メディアによると、2009年に首つり自殺した韓国の女優、チャン・ジャヨンさんが残した遺書に、事務所幹部から「性接待」を100回以上も強要されていたとつづっていたことが分かった。両親の命日にも4人同時に相手をさせられた」という。15日付で網易娯楽が伝えた。

 ジャヨンさんの遺書には性接待の相手として、大企業や新聞社の幹部、芸能界の権力者などが名指しされており、「新しい服を着る日は、新しい男と寝なければならない日。両親の命日にも4人同時に相手をさせられた」と屈辱の日々がつづられている。

 事務所の「接待要員」にされ、2005年から取引先との枕営業を100回以上も命じられてきた。抵抗すれば、ひどく殴られる。心身ともに疲れ切ったジャヨンさんは、50通、230ページにわたる遺書に性接待させられた場所や相手を克明に記し、「死んだ後でも必ず復讐してやる」と誓っていた。

 韓流ドラマ「花より男子」でブレイクしたが、性接待は4年間、休みなく続いた。自殺から5年、高等裁判所は事務所社長に慰謝料2400万ウォンの支払いを命じた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000003-xinhua-cn
-----------------------

事務所社長に命じられた慰謝料は2400万ウォンだそうです。

安っ! ま、屑の命の価値と思えば十分すぎるんでしょうがね。





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ