反日屑チョンどもに相応しいのは死です





修学旅行中の反日学生どもが大勢死んでくれたセウォル号沈没事故。

あの事故以降、修学旅行を中止にしていた学校が多いようですが、ボチボチと再開の動きがあるようです。


行き先を近場にしたり、分散して行ったり、観光バスの運転手の飲酒運転を厳しく取り締まったりと訳のわからない対策が色々とほどこされているみたいですね。



一番歓迎すべきなのは、「海外」へ修学旅行するケースが自粛されていることでしょう。


どんな形であれ、屑チョンが半島から海外へ行くことは、害悪の拡散でしかありませんからね。



ま、きゃつらのことですからあと数カ月もすれば、コロっと忘れるんでしょうが……。


第二第三のセウォル号沈没事故を心待ちにしている今日この頃でした。









-----------------------
修学旅行再開するも安全最優先 行き先にも変化=韓国

 韓国で4月に大勢の修学旅行生が巻き込まれる旅客船沈没事故が発生した後、しばらく中断していた小中高校の修学旅行が再開した。安全を最優先とし、分散して近場に出掛けるなどの変化が見られる。

◇徹底した安全点検
 慶尚北道浦項市のある高校は最近、道内の慶州に体験学習を兼ねて修学旅行に出掛けた。その前に教師が宿泊施設を訪れ、安全面を細かくチェックした。認可された施設ながら、教師らは消防や電気、ガス、衛生施設、非常時の非難経路など、この1年間の安全点検結果を直接確認した。教育当局のマニュアルに従ったものだが、保護者から同意を得るためでもあった。

 各自治体の教育庁は、修学旅行や体験学習の支援組織を設けたり、教員と児童・生徒の旅行者保険加入を義務付けたりと、安全確保の対策に取り組んでいる。また、警察も修学旅行生を乗せる観光バスの運転手の飲酒運転を厳しく取り締まっている。

◇班を分けて近場へ
 大勢の児童・生徒を一度に移動させるケースは減りそうだ。教育部は150人以上を大規模な団体旅行とし、安全担当者の基準も細かく定めた。そのため、学校側はいくつかの班に分けて100人未満で修学旅行を行う方向に変化している。行き先を別にしたり、日程をずらす学校もある。

 海外への修学旅行も自制する雰囲気だ。首都ソウルや歴史の街・慶州など、伝統的な修学旅行地があらためて注目される一方、学校から近い所へ自然観察や歴史探訪など体験学習に出掛けるケースも増えている。

◇旅行自体を取りやめ
 修学旅行を取りやめにする学校も多い。

 江原道では全体の38%にあたる240校、慶尚北道は半分以上の約460校が、今年は修学旅行を行わない。全羅北道は約4割の315校が修学旅行を取りやめたか未定だ。蔚山市と世宗市の学校もほぼ半分が修学旅行を断念した。

 慶尚南道の教育庁関係者は「学校側は修学旅行の安全を確保することに少なからぬ負担を感じている。保護者の心配も大きく、修学旅行の推進にはかなり慎重な状況だ」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/23/2014102303942.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ