サムスン電子の転落ぶりが半端ない!!




サムスン電子の7月から9月期の営業利益が前年比60パーセントダウンだということが判明していました。


物凄い減少ですね。


これから先、何一つ明るい材料はありません。


なにせ世界中がバ韓国の実態に気づきつつあるので、むしろ悪い材料ばかりです。


この転落ぶりを対岸から眺めつつ、決してサムスン電子の得になるような行いをしないよう気をつけたいものですね。



いやぁ、ホント楽しみですwwwwwwwww








-----------------------
試練のサムスン 営業益が前年比60%減=7~9月期

 サムスン電子が30日に発表した7~9月期の営業利益(確報値)は4兆600億ウォン(約4200億円)だった。前期の7兆1900億ウォンに比べ43.5%減、前年同期の10兆1600億ウォンに比べ60.1%減となった。

 本業のもうけを示す営業利益が5兆ウォンを下回るのは、2011年10~12月期以来、約3年ぶり。営業利益は今月初めに発表した速報値より400億ウォン減った。

 売上高は47兆4500億ウォンだった。前期より9.4%減、前年同期比19.7%減となった。

 スマートフォン事業を担当する主力事業部のITモバイル(IM)部門の営業利益は1兆7500億ウォンだった。同部門の営業利益は今年1~3月期に6兆4300億ウォンを記録したが、4~6月期に4兆4200億ウォンに減少したのに続き、今回は1兆ウォン台に急落した。

 半導体とディスプレーを担当するDS(部品)部門の営業利益は2兆3300億ウォンで、前期(2兆900億ウォン)より業績が改善した。特に半導体は2兆2600億ウォンの営業利益を上げ、全体の業績が振るわない中、健闘した。

 消費者家電(CE)部門の営業利益は500億ウォンだった。

 スマートフォン販売量は小幅増えたものの、中低価格帯製品の割合が増えた上、従来製品の価格が下落し、平均単価が下がったと、サムスン電子は分析した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/30/2014103001007.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ