エラ呼吸が上手そうなバ韓国の競泳選手・朴泰桓


バ韓国の水泳選手がドーピング検査にヒっかかり陽性反応が出ていたようです。


で、この選手の言い訳がなんとも酷い!!


去年の7月にある病院で無料でカイロプラクティックを受けたニダ!」(無料だから領収書も治療記録も残ってないニダ!)

その時、注射を受けたニダ! その中に禁止薬物が含まれていたニダ!



うーん、どう見ても無理やり作り上げた感がプンプンですね。


しかもこの屑はこの病院を告訴したようです。


なんとも醜い争いですが、屑バ韓国塵同士で憎みあってくださいな。


くれぐれもコッチ見んなよ!


-----------------------
競泳:朴泰桓、ドーピング検査で陽性反応

所属事務所「注射薬に禁止薬物」
傷害容疑で病院訴える

 韓国競泳界のスター、朴泰桓(パク・テファン、26)が禁止薬物検査に引っかかったことが分かった。所属事務所のチームGMPは26日夕、プレスリリースで「朴泰桓はこのほど、韓国ドーピング防止委員会(KADA)のドーピング検査で陽性反応を示した」と明らかにした。朴泰桓から検出された禁止薬物の種類や選手資格停止期間などの懲戒処分についてはまだ正式発表が出ていないが、選手側が先に公表したものだ。

 チームGMPは「朴泰桓はワールドクラスの競泳選手として10年以上の活動期間があるが、ドーピング問題のため風邪薬すら服用しないほど徹底的に禁止薬物を遠ざけてきた。今回のドーピング検査の結果について誰よりも本人が大きな衝撃を受けている」とコメントした。

 チームGMPによると、朴泰桓は2014仁川アジア大会に参加するため、約2カ月前の昨年7月、オーストラリアでのトレーニングを終え帰国した際、ある病院で無料でカイロプラクティック(手で神経や筋肉を圧迫し、体調を改善する治療法)とケアを受けた。朴泰桓はその病院でカイロプラクティックを終えた後、注射を1回受けた。普段から禁止薬物やドーピング検査に敏感な朴泰桓は、医師に注射の成分を確認したという。朴泰桓側は当時、その病院の医師に何度も「全く問題がない」と言われたが、注射薬に禁止薬物成分が含まれていていたことが分かったと主張した。

 朴泰桓側はこのほど、この病院を傷害容疑などで告訴した。ソウル中央地検はこれを医療事件の捜査を担当する刑事2部に割り当て、近く捜査を進める方針だ。

 一般的に、ドーピング検査で陽性反応が出た場合、KADAから通報を受けて釈明の機会が与えられる。選手が希望すればドーピング検査時に提供された別の試料(尿または血液)で再検査の機会を有することもできる。朴泰桓側が釈明をしたのか、別のサンプルで再検査をしたのかは分かっていない。朴泰桓側は近く大韓水泳連盟と共に記者会見を開く予定だ。

 また、朴泰桓とチームGMP側は今後、韓国ドーピング防止委員会と国際水泳連盟(FINA)にこうした事情を積極的に説明し、選手に不利益な処分が下されないようあらゆる措置と努力を注ぐ方針だとも述べた。朴泰桓は仁川アジア大会の期間中に実施されたドーピング検査では問題がなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/27/2015012700734.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ