ナッツ姫のバカ親・趙亮鎬


大韓航空のナッツ姫の父親である趙亮鎬(チョヤンホ)。

韓進グループの会長であり、平昌冬季五輪の組織委員長でもあるわけですが、このほどユネスコソウル協会から「2014年今年の人物」賞を受賞したとのことです。


その受賞理由は、

教育・文化・科学などの知的活動分野での国際協力を促進し、世界の平和と人類の発展を促進させたニダ

民族の誇りを高揚し、国威と韓国経済の発展に格別の足跡を残したニダ

とのこと。



えっとここは笑うところなんですかね?


さすがにこの受賞にバ韓国塵どもも呆れかえっているようです。


-----------------------
ナッツ姫の父・趙亮鎬平昌五輪組織委員長がユネスコソウルの“今年の人物”に選ばれる・・韓国ネット「普通じゃない」「ユネスコも笑いのツボが…」

 韓国・聯合ニュースによると、2018年平昌冬季五輪の趙亮鎬(チョヤンホ)組織委員長が26日、ユネスコソウル教会の「2014今年の人物」賞を受賞した。

 ユネスコは趙組織委員長の選定理由を「教育・文化・科学などの知的活動分野での国際協力を促進し、世界の平和と人類の発展を促進させた」としている。ユネスコソウル協会の会長は「趙委員長は、平昌冬季五輪誘致委員長に続き、組織委員長を務め民族の誇りを高揚し、国威と韓国経済の発展に格別の足跡を残した」と賛辞を贈ったという。

 ただ、趙組織委員長は、大韓航空や韓進海運などを傘下に持つ韓進グループの会長であると同時に、昨年ナッツ・リターン騒動を引き起こして起訴されたチョ・ヒョンア前大韓航空副社長の父親でもある。このため、韓国ネットユーザーからは今回の受賞に対して以下のようなコメントが寄せられている。


2人の娘をまともに育てられなかったのに、大物だと賞がもらえるんだ

「これはやりすぎじゃないか」

「信じられない」

「ユネスコソウル協会の仕事はなんだ?」

「ギャグか?あんな醜悪なおじいさんに賞だと?」

「ナッツ航空の会長のお出ましだ!みんな怖くてブルブルしちゃうね。会社を自分のものだと思うナッツ航空さま、尊敬します!」

何の賞?立派に子育てした人に与える賞だって?ユネスコも笑いのツボがわかってるじゃん

今の状況でくれるからって、もらうの?

「趙亮鎬会長を褒めていいところは2点。1点は、運送業以外に手を出さなかったこと。もう一点は、家庭教育が大切だということを全国民に知らせてくれたこと」

「他人と違った特別な足跡を残してこの賞を与える・・・確かに、他人とはぜんぜん違った足跡を残した」

国際的に国家の品格に傷をつけたのは確か。それにしてもユネスコソウル協会は普通じゃない

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000041-xinhua-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ