若年層のホームレスが続々誕生中のバ韓国www


ソウル在住の青年層の失業率はついに10パーセントを超えたようです。

大学を出ても、フリーターにすらなれない悲惨な状況とのこと。

今後も一切明るい材料はないので、この失業率はますます上昇することでしょうね。


やはり遺族様や被害者様になれなかった屑どもは反日するか自殺するかの道しか残されていないようです。


さっさと国ごと自殺すれば楽になるものを。


あ、屑在日や糞帰化チョンの連中もきっちりと後追いしてくださいね。


-----------------------
ソウルの青年層失業率が10%超え=アジア通貨危機後初

 ソウル市に住む青年層(15-29歳)の昨年の失業率(経済活動人口に占める失業者の比率)が、アジア通貨危機(1997年)以降では初めて10%台にまで上昇したことが分かった。

 ソウル市が28日発行した「ソウルの雇用構造の変化および特性」と題する統計書によると、昨年の同市全体の失業者数は24万1000人で、前年に比べ14.8%増加した。これは統計を取り始めた2000年以降では最大の増加幅だ。

 とりわけ、青年層の失業者は10万人に達し、前年(8万3000人)に比べ20.5%増加した。青年層の失業率は10.3%で、アジア通貨危機直後の1998年(11.9 %)、99年(10.4%)以来の2桁超えとなった。

 青年層の就業者の数は87万2000人で、2004年に比べ27万7000人減少した。一方、55歳以上の就業者の増加が目立ち、10年前に63万3000人だったのが、昨年には111万5000人と、48万2000人も増加した。

 雇用率(年齢別の人口に占める就業者の比率)も、就業者の年齢構造の変化が表れている。昨年の青年層の雇用率は43.7%で、アジア通貨危機直後の98年と同程度まで低下した一方、55歳以上の雇用率は46.4%で、89年以降で最大の数値となった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/30/2015013000999.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ