糞尿とキムチ臭しかしないバ韓国は観光価値ゼロ


ソウルを訪れる観光客の統計が出ていました。

外国人観光客の居住国別でみると、中国が36パーセントで第一位、次いで日本が24パーセントで第二位とのこと。


観光客の国籍ではなく「居住国」というのがミソですね。


いまどき日本からバ韓国を訪れるような屑は在日か帰化チョンと相場が決まっていますからwwww


日本人に人気の観光地としてアピールしたいがために、居住国別で統計をとったのでしょう。

本当に屑どもの考えは浅はかで吐き気がしますね。



-----------------------
ソウルを訪れる外国人、1位中国人36%・2位日本人24%

訪問先トップは明洞

 ソウルを訪れる外国人観光客の3人に1人は中国人であることが、シンクタンクの調査で明らかになった。

 ソウル研究院が3日までにまとめたところによると、昨年にソウルを訪問した外国人観光客は1148万人と推計された。2010年(706万人)以降、年平均12.9%増加している。

 ソウルを訪れた外国人観光客の居住国(13年基準)は中国が35.9%と最多で、次いで日本(24.2%)、米国(6.5%)、台湾(6.0%)と続いた。12年までは日本人観光客が最も多かったが、13年には中国人が日本人を上回った。12年は日本(31.7%)、中国(27.8%)、米国(6.9%)、台湾(6.3%)の順だった。

 また、13年にソウルを訪れた外国人観光客が最も多く足を向けた場所は明洞(72.8%、複数回答)だった。次いで東大門市場(56.6%)、古宮(39.1%)、南大門市場(32.8%)、南山・Nソウルタワー(31.6%)、ロッテワールド(30.0%)、仁寺洞(29.4%)と続く。また、新村・弘大エリア(24.2%)やCOEX(13.3%)、街路樹通り(カロスキル、9.1%)、清潭洞(8.6%)なども人気が高かった。

 外国人観光客が最も多くショッピングをした場所も明洞(51.2%、複数回答)で、次いで市内の免税店(32.3%)、東大門市場(30.7%)、デパート(27.1%)の順だった。日本人は明洞(61.0%)、中国人は免税店(59.5%)で買い物をする人が多かった。また米国人(30.1%)、カナダ人(34.9%)、ロシア人(35.3%)はデパートで最も多くショッピングをしていた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/04/2015020401551.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ