パク・チャンジンを利用した詐欺サイトとかwwwww


ナッツ・リターン事件の最大の被害者であるチーフパーサーのパク・チャンジン。

仮病でまた休職中ですが、このパクを応援するためのサイトが立ち上がっていました。

そのサイトでは、

誰が後援金を出したのか公開しないニダ

どんな用途で後援金を使ったのか公開しないニダ

と条件つきで募金を呼び掛けていたんだとか。



いやぁ、さすが屑チョンwwwww

最初からパクる気マンマンですね。

このサイトはパク・チャンジンの知り合いが立ちあげたとのことですが、本当にガメつい連中ですね。



ま、パク・チャンジンの家族にしてみたらこんなセコい真似するよりも、さっさとパク・チャンジンに自殺でもしてほしいと思っていることでしょう。

そうすれば、勝ち組の「遺族様」になれるのですからwwwww


-----------------------
ナッツ事件チーフパーサー支援サイト、後援金募集で波紋

誰が後援金を出したのか、どこにこの後援金を使ったのかを徹底して非公開とすることを原則に、きょうから後援金を受け付けます。これに同意し、今後いかなる問題も提起しないという人だけ参加してください

 大韓航空機「ナッツ・リターン」事件で、大韓航空前副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)被告に対する一審判決が言い渡された翌日の13日。趙被告から暴言、暴力を受けたチーフパーサー(機内サービス責任者)のパク・チャンジン事務長の支援サイト「パク・チャンジン事務長を応援する会」に、パク事務長のための後援金を募集するという案内が掲載された。後援金の振込先の銀行名と口座番号も書かれていた。先月1日にオープンしたこの支援サイトはパク事務長の知人が運営しているとされ、パク事務長が病院で点滴を受けている写真やパク事務長の個人的なスケジュールなどが掲載されている。15日現在、3496人が会員として加入している。

 だが、後援金の使い道を非公開とする方針は波紋を呼んでいる。「後援金の使い道を明かさないなんて。横領の恐れもある」という批判や「保安を維持するため、非公開に同意する人だけ後援してほしいということの何が問題なのか」という賛成意見など、サイトには賛否両論のコメントが150件ほど書き込まれた。一部の会員が後援金の募集案内をほかのサイトに転載したため、論争は支援サイトの外にも広がった。「どこに使うかを明かせない後援金は、誰かが横取りしても確認する手立てがない」なとど批判の声が上がっている。

 これを受け、支援サイトの運営側は14日午後10時ごろに後援金募集案内を削除し「最後のごあいさつを申し上げます」というタイトルの文章を掲載。運営陣の代表は「これ以上騒ぎが大きくならないよう、運営陣は全員辞任する」と伝えた。これには辞任を引き留める200件余りのコメントが書き込まれた。

 後援金の募集に関する法律によると、用途非公開で募金を始めることそのものは違法ではないが、募金額が1000万ウォン(約108万円)を超えたら地方自治体に募金の目的と具体的な使用計画書を提出する必要がある。また、いかなる場合でも募金額の15%以上を運営経費として使用してはならない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150216-00001170-chosun-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ