黄砂に襲われているバ韓国のソウル


昨年の降水量の関係から、冬の今の時期に「黄砂」がバ韓国を襲っているようです。

この時期の黄砂は有害物質を多く含むらしいので、除鮮活動が捗ることを祈るばかりです。




寒波、黄砂、放射線……、間違いなく地球の意志でしょうね。



地球にとってのガン細胞でしかない屑チョンどもに対しての拒絶反応といったところでしょう。



我々人類としては地球任せにだけしておくのはいけません。

もっと積極的に屑バ韓国塵の駆除を目指すべきでしょう。


きゃつらの数だけ地上に不幸が撒き散らされるだけなのですから。


-----------------------
5年ぶり「冬の黄砂」 韓国全土に警報や注意報

 韓国気象庁によると、23日午前10時現在、ソウル、仁川、京畿道、江原道の一部地域に黄砂警報、世宗、大邱、済州道など全国のほとんどの地域に黄砂注意報が出されている。黄砂は例年春に発生するが、今回は季節はずれの冬の黄砂となった。

◇冬の黄砂は異例

 同日午前4時、ソウル市内の粒子状物質「PM10」濃度は1立方メートル当たり1044マイクログラムとなった。

 冬の黄砂としては1立方メートル当たり963マイクログラムを記録した2009年12月25日以来、最も高い濃度となった。

 ソウルに黄砂警報が発令されたのは今回が5回目。

 気象庁は今回の黄砂の原因について、黄砂の発生源となるモンゴル・ゴビ砂漠と中国北部の内モンゴルで降水量が少なかったことや低気圧、北西の風などの要因が重なったためと説明した。

 例年この時期は黄砂の発生源を雪が覆うが、今年は降水量が少なく雪が解けたため低気圧で軽くなった空気に砂ぼこりが巻き上がり上空の風に乗って朝鮮半島まで飛んできた。

◇今春の黄砂は例年並みか少ない見通し

 例年より早く黄砂の季節が訪れたが、今年の黄砂の発生日数は例年と同じか少ないとみられる。

 1981年から2010年までの30年間、黄砂が観測された平均日数は3月に1.8日間、4月に2.4日間、5月に1.0日間の計5.2日間だった。

◇外出時には必ずマスク着用を

 冬の黄砂は春に比べ有害物質を多く含むため注意しなければならない。なるべく外出を控え、外出する際は有害物質を遮断する黄砂用マスクか防疫用マスクの着用が必須だ。

 室内では黄砂が流入しないよう窓をしっかり閉め、湿度を50~60%に維持する。また、水分をこまめに取り、コンタクトレンズ使用者は眼鏡を使用するほうが望ましい。外出先から帰宅したら手と足をきれいに洗う。

 黄砂が過ぎ去った後は、空気を入れ替え黄砂がかかった家具などを掃除する。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/23/2015022301817.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ