磁石を近づけただけで自爆するバ韓国産の小銃K11


バ韓国の屑どもが、「非常に優れた武器」などと宣伝していたバ韓国産の複合型小銃「K11」。

その銃の弾薬が、電磁波に影響を受けてしまうことが明らかになり全量廃棄となりそうですwwwwwww

廃棄される見込みの量は15万発、価格にして26億円相当になるんだとかwwwww


うーん、残念ですね。

そのままの形で開戦していれば屑チョンどもの粛清がさぞかし捗ったでしょうに。




ま、あの屑どものことですから同じようなことは発覚していないだけでまだまだたくさんあることでしょう。


次はどんな手段で我々を笑わせてくれるのか楽しみに待とうではありませんか。



-----------------------
韓国軍:K11小銃の弾薬に欠陥、全量廃棄の可能性も

15万発、26億円相当

 韓国独自の技術で開発され、軍が「非常に優れた武器」などと宣伝していた複合型小銃「K11」の20ミリ空中さく裂弾が高出力電磁波に影響を受けることが明らかになり、240億ウォン(約26億円)相当を投じて生産した弾薬が全量廃棄される危機に陥った。

 防衛事業庁の関係者は1日「国防科学研究所(ADD)と国防技術品質院の主管で昨年8月から12月にかけ、20ミリ空中さく裂弾に対する電磁波の影響を確認する実験を行った結果、低周波帯域の高出力電磁波に影響を受けることが判明した」と明らかにした。

 また、電磁波のある環境で20ミリ空中さく裂弾が安全かどうかを確認するため、専門機関の韓国電磁波研究所に依頼して来月中に実験を行う予定だとし、実験の結果を踏まえ、保有している20ミリ空中さく裂弾を4-6月期中に全量廃棄する可能性があると伝えた。

 低周波帯域の高出力電磁波は一般的な自然環境では発生しないが、北朝鮮がK11を狙って電子攻撃を仕掛けてきた場合、影響を受ける恐れがあるという。これまでに量産された20ミリ空中さく裂弾は15万発で、1発当たりの量産単価は16万ウォン(約1万7000円)だ。

 防衛事業庁は、昨年9月のK11の品質検査中に射撃統制装置に亀裂が生じた問題については、ねじの緩みによるものだったと説明した。今年6月の納品再開を目指し、製造元と補完策を講じるという。

 一方、韓国型戦闘機(KFX)事業と関連し、防衛事業庁は開発に必要な中核技術を米国ではなく他国の企業から導入することも検討しているとされる。同庁の関係者はこの日「米政府が輸出承認書(E/L)を制限する場合に備え、外国の技術協力会社と別途の請負契約を結ぶ、または技術支援を受けるといった代案を整え、KFXの開発に支障が出ないようにする」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/02/2015040201479.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ