デフォルトがほぼ確実視されているギリシャ


ギリシャのデフォルト問題が巷を騒がせていますが、そのニュースに際し屑チョンどもが騒いでいました。


>「ギリシャがいつか滅びる国だということはとっくに分かっていたニダ! 世の中に他国の金で暮らしていて良い国なんてある訳ないニダ

>「国の経済が難しい時だから年金額を削減しようとすると、暴徒化する国民ニダ

>「ギリシャはユーロ圏の病巣ニダ。もうこの国に引きずられずに、今回はちゃんと処置せねばならないニダ。ギリシャ問題でいつまでも世界経済の足を引っ張っていてはならないニダ

>「ギリシャはデフォルトにして、整理しなければならないニダ。どれだけ世界経済を不安定にするつもりニカ?

>「金を借りて使っておいて、返せないなんて言う国は、滅ぶしかないニダ



あれ?



随分唐突な自己紹介ですね。


化け物のように醜い屑チョンなのに、自己顕示欲だけは旺盛のようです。




大変よくできた自己紹介でしたよ。

自分たちの現状をそこまで理解しているのなら、今すぐ自殺してくださいませ。



-----------------------
ギリシャのデフォルト、韓国経済に暗雲=韓国ネット「どれだけ世界経済を不安定にするつもりだ」「韓国にも近い将来メガトン級の衝撃が来る」

 2015年6月28日、韓国・聯合ニュースは、ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥る場合、韓国経済にも影響が及ぶ可能性があると伝えた。

 ギリシャ政府は債権団の救済協議案を拒否し、欧州連合(EU)などから金融支援の条件とされていた財政緊縮策の賛否を問う国民投票を実施することになった。ユーロ圏の財務相協議体であるユーログループは、国民投票が終了するまで救済を延長してほしいとするギリシャの要求を拒否し、現実的にギリシャはデフォルトに一歩近づいた。

 韓国とギリシャの直接的な交流額は少ないが、ギリシャのデフォルトが現実になると、欧州経済への影響が韓国にも及ぶとされ、韓国経済の代表的な対外不確実性の要因として挙げられてきた。韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、「韓国経済対内外の不確実性の要因は、MERS(中東呼吸器症候群)、ギリシャ債務交渉、米国連邦準備制度理事会(FRB)の金利引き上げによる国際金融市場の変動の三つある」と述べていた。ギリシャのデフォルトが現実になると、金融市場が影響を受け、欧州地域への輸出が減少するものとみられる。しかし、衝撃は限定的だというのが政府と専門家の展望だ。

 この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。


韓国の姿を見るようだ

「結局デフォルトしそうだな」

国の経済が難しい時だから年金額を削減しようとすると、暴徒化する国民。まるで韓国の民主労組のデモを見ているようだ


ギリシャがいつか滅びる国だということはとっくに分かっていた。世の中に他国の金で暮らしていて良い国なんてある訳ない

ギリシャはユーロ圏の病巣だ。もうこの国に引きずられずに、今回はちゃんと処置せねばならない。ギリシャ問題でいつまでも世界経済の足を引っ張っていてはならない

「ギリシャの無理な無償福祉…。韓国もこうなるのではいか?」


ギリシャはデフォルトにして、整理しなければならない。どれだけ世界経済を不安定にするつもりだ

金を借りて使っておいて、返せないなんて言う国は、滅ぶしかないだろう


「ギリシャに支払猶予をしても、同じことだ。次の支払期限で、また猶予せねばならない。デフォルトで整理しなければならない」

「ギリシャを心配している時ではないぞ。私たちも高額年金、放漫な公企業、無償福祉、不動産バブル崩壊などで、遠くない将来にメガトン級の衝撃が波及する時が来る。果たして最終的な勝者は誰になるか」

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20150629042/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ