バ韓国のハナ糞銀行www


バ韓国の銀行員ってやつは先進国に比べて約2倍ほどのサラリーをもらっているんだそうです。

銀行の収益性は先進国に遠く及ばないというのに、ずいぶんと盛ったもんですねwwwwwww


そもそも経済の状態が最悪に近いのに、この塵件費のせいで利益をますます小さくしているとのこと。


ま、これもバ韓国流の自殺の一環でしょう。


全国民が国の崩壊に向けて全速力の屑チョンどもwwwwwww


気持ち悪い醜態にしか過ぎませんが、よくもまあここまでネタを提供してくれるものですwwwwww


-----------------------
銀行員の年収国際比較、韓国は米国の2倍

 韓国の銀行員は所得水準からみて、米国、英国、日本などの銀行員に比べ最高で2倍近い年収を受け取っていることが分かった。銀行の収益性など国際競争力は金融先進国に比べかなり劣るにもかかわらず、業務成果に比べ、過剰な所得を得ていると言える。

 金融当局によると、米国など主要10カ国・地域の銀行員の平均年収は各国の1人当たり国内総生産(GDP、2014年)と比較すると、韓国は203%で、中国(214%)に次いで多かった。1人当たりGDPによる比較は、各国の所得水準の差を反映することができ、単純に年収の額をドル換算で比較するよりも正確に各国の銀行員の年収水準を比較できる。

 韓国は1人当たりGDPが2万8486ドルに対し、銀行員の平均年収は5万7941ドルだった。米国の銀行員の平均年収は5万4760ドルで金額では韓国に近い水準だが、米国の1人当たりGDP(5万4412ドル)が韓国の2倍近いことを考慮すると、実質的には韓国の銀行員が米国の銀行員の年収の2倍近くをもらっていることになる。

 中国は1人当たりGDPが7594ドルで、銀行員の平均年収は1人当たりGDPの214%に当たる1万6242ドルだった。英国、フランス、ドイツ、スペインなど欧州では銀行員の平均年収が1人当たりGDPの152~183%だった。日本(146%)、台湾(134%)、オーストラリア(114%)、米国(101%)は150%未満だった。中国と韓国だけが200%を超えた。

 韓国の銀行は契約職の割合が高い女性職員を除き、大卒男子のみを集計すると、国民銀行(1億400万ウォン=1050万円)、新韓銀行(1億300万ウォン=1040万円)など大半の銀行で平均年収が1億ウォンを超える。韓国金融研究院が最近発表した昨年の統計分析によると、銀行員の4人に1人が1億ウォン以上の年収を得ていた。年収が1億~1億5000万ウォンの銀行員が全体の23%、1億5000万ウォンが全体の2.1%だった。初任給も高く、兵役を終えた男性で5000万ウォン、女性で4500万ウォンとなっている。

 こうした高額年収で韓国の銀行は営業活動にかかる販売管理費に占める人件費の割合が62.2%に達し、先進国の米国の商業銀行での平均値(45.5%)をはるかに上回った。

 最近新韓、ハナ、KB金融という3大金融グループの会長が年俸の30%を返納し、青年層の新規採用を拡大すると表明した。しかし、銀行の賃金水準は元々高く、新規採用規模を大幅に増やすことは容易ではないとの指摘が銀行業界周辺から漏れる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/10/2015091000865.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ