日本に負けたんだからさっさと自殺すれば?


先日のリオ五輪サッカー・アジア予選。

日本は見事に逆転勝ちしてくれましたが、先日バ韓国チームの監督が敗戦の弁をグチグチと語っていたようです。


>「日本戦はまるで幽霊に取りつかれたかのようだったニダ

>「欲が出て、4-0、5-0にできると思っていたニダ

>「日本の鼻をへし折りたかったから冷静でいられなかったニダ!!

>「私は血が煮えたぎり、『FWは前へ』と叫んだニダ!!



>「監督は冷静でなければならないという痛い教訓になったニダ



ハハハ、まさにキチガイそのものですね。


国民総精神病患者のバ韓国塵が「冷静」になることなんて、逆立ちしたって無理でしょうにwwww



-----------------------
日本に逆転負けのU23韓国代表監督「5-0で勝ちたくて色気を出した」

「それなりによく食べ、よく寝たのに、体重が2キログラム落ちました。このまま私のサッカー人生が終わるかもしれない大会だったじゃないですか。ああ、本当につらかった」

 男子サッカー8回連続五輪出場を決めて帰国した申台竜(イン・テヨン)監督(45)に2日、ソウル市鍾路区のサッカー会館前にあるカフェで会った。申監督が率いた韓国代表チームはカタールのドーハで行われた2016アジア・サッカー連盟23歳以下選手権(AFC U-23)で準優勝し、3位までに与えられる五輪本大会行きのチケットを手にした。申監督は「ヨルダンとの準々決勝で負けて五輪出場に失敗したら、スタジアムからホテルまで数時間歩いて帰り、私のサッカー人生を整理しようと思いました。代表チームのコーチング・スタッフの座からも降りていたでしょう」と語った。

 五輪出場という第1の目標は達成したが、申監督は笑ってばかりはいられない状況だ。宿敵・日本との決勝戦では2-3と痛恨の逆転負けを喫したからだ。申監督は「日本戦はまるで幽霊に取りつかれたかのようでした」と言った。

「2-0でリードした状況でゴールを許した後、選手たちを励ましました。そして、ベンチに行って水を一口飲み、戻ったら日本がまたゴールを入れていた。そう、短時間に2ゴールを喫したのはサッカー人生で初めてです。その後は水も飲まずに試合を見ていましたが、もう1ゴール決められてしまって。韓日戦でなかったら、2点目を入れた後にDFに重点を置いて守りに入っていたでしょう」。しかし、攻撃の手を緩めなかった韓国は逆に後半15分で3点を次々と許してしまった。「正直言って欲が出ました。4-0、5-0にできると思っていたんです。日本の鼻をへし折りたかったから。私は血が煮えたぎり、『FWは前へ』と叫びました

 試合が終わってロッカールームに入ると、ほとんどの選手がうな垂れて苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。申監督は彼らに「ありがとう。これから、このようなミスを再びしてはならない。まず私が反省する」と言った。

 そして、自身の過ちを振り返り、手帳に「情に流されるな」とメモしたそうだ。日本戦で申監督は1人の選手を前半20分で早々に交代させようとした。「プレッシャーから顔色が悪くなっていました。交代させようとしたけれども、これまでその選手が一生懸命やって来たことを思い出し、そのままにしました。結果は裏目に出ました。監督は冷静でなければならないという痛い教訓になりました

(以下、糞どうでもいい敗者の弁なので略)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/03/2016020300728.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ