殺塵的な就職難で崩壊寸前のバ韓国


バ韓国の婚姻率が、昨年過去最低を記録していたようです。

主な原因は就職難だと見られていますが、非常に喜ばしい事態ですね。



もっとも、就職難が主因だとは思えません。

これは大いなるガイアの意思でしょう。

屑チョンのような穢れたDNAは、本来とっくの昔に淘汰されていなければならないのですから。




常にバ韓国と真逆を行くのが我々人類にとって最善の方法なのです。

我々人類の婚姻率をもっと上げ、少子化を防ぐべきでしょうね。


-----------------------
韓国の婚姻率が過去最低、女性の初婚年齢は初めて30代に

 若者の就職難などが要因となって昨年の婚姻率が過去最低値を記録した。女性の平均初婚年齢も初めて30代に入った。統計庁は7日に発表した「2015年婚姻・離婚統計」で、「人口1000人当たりの婚姻件数を示す粗婚姻率が昨年5.9件になった」と明らかにした。この数字は関連統計を開始した1970年以降で最も低い数字だ。

 粗婚姻率は2011年の6.6件以降、減り続けている。最も数字が高かった1980年の粗婚姻率は10.6件だった。統計庁のイ・ジヨン人口動向課長は「結婚適齢期層である25-34歳の人口は前年(2014年)に比べ約20万人減少した。昨年景気が減速し、青年失業率が高かったことも結婚を遅らせる要因の一つだ」と説明している。

 平均初婚年齢も男女とも0.2歳ずつ高くなり、男性は32.6歳、女性は30.0歳だった。女性の初婚年齢が30代になったのは初めてだ。人口1000人当たりの離婚件数を示す粗離婚率は2.1件で、1997年の2.0件以来の低水準となった。昨年の離婚件数も前年比5.5%減の10万9200件だった。

 だがその一方で、熟年離婚は増加する傾向にある。結婚20年以上の夫婦が離婚した件数は昨年3万2600件で、10年前の2005年に比べ1.4倍に増えた。結婚30年以上の夫婦の離婚も10年前に比べ2.2倍増の1万400件と集計された。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/08/2016040800583.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ