選挙で大敗しても反省ナッシングのパククネ婆


総選挙で大敗したにも関わらず、


選挙の結果は、民意を考える契機になったニダ!


とクチにしただけで一切の反省を見せていないパククネ婆。


婆の支持率もダダ下がりのようで就任以来最低値を記録しているとのこと。


自分のせいで与党が大敗したとは欠片も思っていないのかもしれませんね。

それにバ韓国塵の血ゆえ「謝罪」なんて真似は死んでもできないのでしょう。



ま、そんな逆境にめげず、

パククネ婆にはわが道を突き進んでもらいバ韓国最後の大統領として歴史に名を刻んでいただきたいものです。


-----------------------
朴大統領、支持率が過去最低 総選挙大敗、反省発言なし

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は18日の首席秘書官会議で、与党セヌリ党が大敗した総選挙の結果について「国民の民意が何だったのか考えるきっかけになったと思う」と述べた。総選挙では朴氏の強権的とも言われる政治手法が批判されたが、反省するような発言はなく、さらなる批判を浴びている。

 朴氏が総選挙後、公の場で発言するのは初めて。朴氏は「政府も新たに発足する国会と緊密に協力していく」などと強調したが、野党側は攻勢を強めている。

 最大野党「共に民主党」報道官は18日、朴氏の発言について「たった一言の反省もなかった」と批判。第2野党「国民の党」の報道官も「民意に対する認識が安易なようだ」とする論評を出した。

 一方、韓国の調査機関「リアルメーター」が総選挙後の14~15日に行った世論調査結果によると、朴氏の支持率は前週より8・1ポイント下がり、31・5%になった。同社の調査では大統領就任後、過去最低という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160418-00000050-asahi-int
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ