野糞天国だった日本統治前の朝鮮半島


朝鮮半島を日本が統治していた際(1910年から1945年まで)、一番金をかけて行っていたのは「糞尿の処理」だったようです。


その費用は経常支出の8割以上を占めていたんだとか。


まあ、街中のどこでも野糞する連中なので、それだけ金もかかっていたのでしょう。



日本もずいぶん酷な真似をしたもんです。

きゃつらの大事な主食を肥料にしてしまうだなんてwwwww


だからこそ、きゃつらの反日感情はいつまでも残っているのでしょう。

これは全面的に日本が悪いですね。




ここは責任をとり、

きゃつらの生息数を7割ほど減らし、寿命も半分に減らしてあげるべきでしょう。


一日本人として謝ります。マジすまん!


-----------------------
日本統治下のソウル、経常支出の半分はふん尿処理費だった

 2016年のソウル市の財政で最も額が大きいものは何か。答えは、予算全体の34.7%、8兆3893億ウォン(約8065億円)に達する福祉費だ。

 ならば、時計を戻して、植民地時代の1910年代ではどうだろうか。

 ソウル歴史編さん院が『ソウルと歴史』第93号に収録した研究論文を見ると、このような答えが載っている。

 当時、京城府(現在のソウル市)の最大の業務は「ふん尿の処理」だった。京城府の経常支出のうち、81%を占めていた。

 1910年代を通して、ふん尿の処理費用は経常支出の半分以上を占め続けた。現在で言えば、ソウル市の最大の予算が「ふん尿くみ取り費」になったようなものだ。

 その後、別の項目が大幅に増額されたことで処理費の割合は10%台まで低下した。しかし処理費は、水道費・事務費と並んで支出の上位3項目に入るほど、財政のかなりの部分を占めた。

 京城府は衛生事業を拡大するため、35年からふん尿回収の手数料を導入し、36年には市の清掃義務を定めた「朝鮮汚物掃除令」が公布された。

 回収されたふん尿は、光化門外の新堂里と麻浦の処分場に集められ、肥料メーカーや農場、個別の農家などに販売された。

 しかし全般的に、肥料としてのふん尿の需要は日本の大都市ほど高くはなく、処分場のふん尿滞積は常に問題となっていた。化学肥料の導入、コレラ・寄生虫など衛生問題のため、後期になると肥料としての価値は下落した。

 ふん尿処理は、植民地時代を通して京城府を苦しめた問題だった。

 京城府は、回収がきちんと行われず、処分場があるせいで付近の住民が受ける被害、また肥料メーカーに対する特別待遇や贈収賄問題、さらに35年には回収手数料の導入などで頭を悩ませた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/20/2016042001133.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ