パククネ婆の警護員が拳銃を紛失


パククネ婆の自宅を警備する警護員がトンデモないことをしでかしていました!!

なんと! 実弾入りの拳銃を紛失していたとのこと。

どうやらトイレに行った際、そのまま拳銃をトイレに置き忘れたようですwwwwwww



この拳銃でパククネ婆が撃たれるような事態になったら面白かったのですが……。


しかし、つまらない事に近所の住民がそれを発見し、警備員の手に拳銃が戻されてしまったようです。


実に屑チョンらしい低能ぶりですねぇ。

こんなポンコツが有事の際にまともな警護ができないのは分かり切っています。



父親や母親同様、パククネ婆が銃殺される可能性はまだまだ高そうですなぁ。


-----------------------
朴前大統領の自宅警護員、実弾入り拳銃紛失

 朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領のソウル市三成洞の自宅で警護を担当する大統領府(青瓦台)所属の警護員が実弾入りの拳銃を紛失し、周辺住民が発見して返還するという出来事があった。

 青瓦台警護室と警察によると、16日午後2時ごろ、朴前大統領の自宅周辺にある建物の駐車場管理人から「建物1階の男子トイレの便器の上にベレッタ拳銃1丁があるのを見つけた」として、警察に引き渡した。警察は機動隊バスに拳銃を保管し、午後2時10分ごろに青瓦台警護室所属の警護員が拳銃を探しに来たため、身分確認後に拳銃を手渡したという。

 警護員は当時、昼食を取りに行く途中にトイレに寄り、拳銃と拳銃ケースをトイレ内に忘れた。その後、トイレを利用した人が拳銃を発見し、駐車場管理人に引き渡した。青瓦台警護室は「24時間交代勤務の疲労がたまり、失態が生じた。状況を把握し、直ちに回収した」と説明した。

 朴前大統領の自宅警護は大統領警護法に基づき、青瓦台警護室が担当している。現在25人前後の警護・警備要員が配備されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/22/2017032200845.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ