外資が次々にバ韓国から撤退


バ韓国に設置されていた外資系銀行の支店が、次々に撤退を始めたようです。


アメリカのゴールドマン・サックス、イギリスのロイヤルバンク・オブ・スコットランド、スペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行の3行の支店が閉鎖されるとのことです。

これから撤退するところもあるので、この流れは当分続くことでしょう。


理由はいたって明確で、

バ韓国市場がもうこれ以上もうからないから、というもの。


さんざん外資にハイエナされて、ついにそっぽを向かれるところまで来たという感じですねwwwww


ま、バ韓国経済はこのまま好転することなく国が崩壊するのですから、当然の判断と言えますが…。


なんにせよ、バ韓国がズタボロになっていく様子をリアルタイムで眺めることができるのはなんとも痛快ですなぁ。


-----------------------
外資系銀行3行、韓国から撤退

 韓国金融委員会は18、英ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)、スペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)、米ゴールドマン・サックスの韓国支店の閉鎖を認可した。韓国政府はソウルや釜山を国際的な金融ハブに育成しようとしているが、外資系銀行は韓国から相次いで撤退している格好だ。

 RBSは2013年、BBVAは11年、ゴールドマン・サックスは06年にそれぞれ韓国に支店を設置した。韓国で営業する外資系銀行の支店は43行、50支店だったが、40行、47支店に減少したことになる。外資系銀行の相次ぐ韓国撤退について、専門家は低金利の長期化による収益性悪化、世界的な金融危機以降の世界的な規制強化など韓国内外での不確定要素が重なった結果だと説明する。

■荷物まとめる外国金融機関

 外資系金融機関の韓国撤退は08年の金融危機以降続いてきた。スペインの銀行最大手、サンタンデール銀行は昨年10月、ソウル事務所の閉鎖を決定。それに先立ち、HSBCは13年、リテール事業から撤退し、韓国国内の10支店を閉鎖した。資産運用会社の撤退も相次ぎ、ゴールドマン・サックス資産運用が12年、韓国法人を閉鎖したのに続き、フィデリティは今年初め、ファンドマネジャーを韓国から香港、シンガポールなどへと配置転換した。スイス系のUBS、英系のバークレイズも昨年、韓国撤退を発表した。

 外資系投資銀行のソウル支店幹部は「外資系銀行が韓国から撤退する理由は簡単だ。韓国市場がもうこれ以上もうからないからだ」と述べた。同幹部は「これまで韓国で外資系銀行の基本的な収益モデルは、自国からドル資金を持ち込み、比較的金利が高い韓国市場に投資し、利ざやを得る方式だった。しかし、金融危機以降、12年から13年にかけ、韓国金融市場でも低金利環境が定着し、そうした収益モデルが通じなくなった」と説明した。

(以下、糞どうでもいいので略)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/20/2017062000606.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ