バ韓国で反米感情が急増中


先日、ソウルのアメリカ大使館の前でキチガイじみた集会が行われていました。

集会の参加者は、


「アメリカのトランプの挑発と妄言のせいで、朝鮮半島が戦争危機に陥っているニダ!」

「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、対北朝鮮制裁の先頭に立っては駄目ニダ!!」

「アメリカ政府は北朝鮮を国として認め、平和協定を締結すべきニダ」

「米国大使館を撤去して、米軍を追い出さなければならないニダ!!」

「武器販売を日常的に行い、戦争の暗雲をもたらすトランプの訪韓を阻止するニダ」


などを訴えていたようです。


あ! キチガイじゃありませんでしたね。

バ韓国ではこれが正常なのですからwwww


その一方で、

北朝鮮の核実験や金正恩(キム・ジョンウン)に対する批判はゼロだったとのこと。


いやぁ、素晴らしいですね。

その調子でアメリカとの決裂を目指してくださいな。


そうなれば、アメリカも安心して、朝鮮半島を丸ごと火の海にできることでしょう。



-----------------------
金正恩には言及せず「トランプのせいで戦争危機」と言う人々

 27日、ソウル・光化門広場の世宗大王像の前には、ドナルド・トランプ米大統領を糾弾し、米朝平和協定締結を要求する集会が相次いで開かれた。駐韓米国大使館からわずか10メートルしか離れていない場所でのことだ。集会の参加者たちは「トランプの挑発行為と妄言のせいで韓半島(朝鮮半島)が戦争の危機に突入した」と訴え、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対しても「対北朝鮮制裁の先頭に立ってはならない」と攻撃した。だがその一方で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と北朝鮮の核による挑発行為への言及はなかった。

 同日午前10時、全国民主労働組合総連盟(民労総)・韓国進歩連帯・民主社会のための弁護士の会(民弁)統一委員会など65の市民団体からなる「戦争反対平和実現国民行動」所属の約30人が記者会見を開き、米国の軍事脅威中止と韓国政府の対北朝鮮制裁参加中止を要求した。イ・チャンボク6・15南側委員会常任代表は「トランプは韓半島を戦争の危機に追い込んでいる。米政府は北朝鮮を国として認め、平和協定を締結すべきだ」と述べた。ペク・キワン統一問題研究所所長は「トランプの北朝鮮に対する挑発行為は、この地の平和を望むろうそく集会をする人々に対する攻撃だ。ろうそく集会が選出した文大統領は早くロウソク集会をする人々の気持ちを察してほしい」と言った。これらの人々は「文在寅政権は対北朝鮮制裁の先頭に立っているが、主権国家として恥ずかしい行動だ」と訴えた。

 この集会中には「米国大使館を撤去して、米軍を追い出さなければならない」という言葉も飛び交った。集会が終わるころ、参加者たちは縦2メートル×横2メートル大のトランプ大統領の写真をペンキ用のローラーでこするというパフォーマンスをした。11月初めに予定されているトランプ大統領の訪韓を阻止する計画も明らかにした。ハン・チュンモク平和行動常任代表は「武器販売を日常的に行い、戦争の暗雲をもたらすトランプの訪韓を阻止する」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/28/2017092800913.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ