園児同士でレイプしあうのがバ韓国の当たり前


バ韓国で54歳のオスが懲役15年の刑を宣告されていました。

このオスは、6歳の姪を4年間に渡ってレイプしていたとのこと。


屑チョンの男性器はお粗末なオデキみたいなものなので、

こんな未成熟なメスを相手にしてもレイプが成り立つのでしょうwwwwww


ちなみに、バ韓国ではこうした親族間のレイプ事件が年々増加中のようです。

その数、

なんと10年間で3倍にもなっているんだとか!!


これは、朝鮮塵という種の終わりを本能的に感じ取って自暴自棄にでもなっているのでしょう。


我々人類に迷惑が及ばないよう、屑チョン同士でもっとレイプしあっていただきたいものです。




あ、レイプだけじゃその生息数は減らないので、

被害者と加害者で盛大に殺し合って決着もつけてほしいものですねwwwwww



-----------------------
「面倒を見てやる」と6歳の姪を4年間、数回にわたり性暴行した伯父 

 6歳の実の姪を数回にわたり性暴行した後も反省の気配を見せない男性に対し重刑が宣告された。 

 22日、清州地方裁判所刑事11部(イ・ヒョヌ部長判事)は、性暴行犯罪処罰特例法違反などの疑いで拘束起訴されたA(54)氏に懲役15年を宣告したと発表した。 

 また、裁判所はA氏に20年間の位置追跡電子装置付着も命じた。 

 A氏は離婚した弟の三人の子供の面倒を見るという口実で、2010年に末っ子の姪であるB(当時6歳)さんを約4年間6回にわたって性暴行したり、わいせつした容疑で拘束起訴された。 

 裁判所は判決文で、「反人倫的犯罪に幼い年齢の被害者が被った精神的衝撃と苦痛が相当なものであるにもかかわらず、自分の過ちを全く反省しない点などを考慮すると、厳しい処罰が必要だ」と判示した。 

 特に「幼い被害者の精神的衝撃と苦痛は相当なもので、今後、性的アイデンティティや価値観の形成にも否定的な影響を受けると思われる」、「被害者が処罰を望んでおり、厳しい処罰が必要だ」と量刑理由を説明した。 

 ただ、裁判所は「被告人の個人情報公開と告知の過程で親族関係にある被害者に二次被害が懸念される」として、A氏の個人情報公開や告知命令は認めなかった。 

 一方、キム・ジンテ、セヌリ党議員が2015年に公開した資料によると、親族関係による性暴力犯罪件数は、2005年に190件、2008年293件、2011年385件、2014年564件だった。 

 これは10年の間に、なんと3倍に増加した数値で、被害者の多くは家族から性暴行を受けたという事実により、さらに大きなトラウマを体験する。 

 そのため、親族による性暴行に対する体系的な被害支援システムが切実だという指摘が出ている。

http://www.insight.co.kr/news/123908
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ