震度ゼロで崩壊するのがバ韓国クオリティ


先月発生したバ韓国南部の地震ですが、

今もなお余震が続いているようです。


その数、なんと70回以上!!


いやぁ、楽しみですなぁ。

まだまだ余震で崩壊する建物が続出しそうですね。


ちなみに、バ韓国東部の慶州では、

去年9月に発生した地震の余震が1年2カ月以上経った現在も続いているんだとか。


こちらの方も、建造物へのダメージが相当溜まっていると思われるので、

色々と楽しみですwwwwww



-----------------------
浦項でM2.3の余震

 先月15日から地震が続いている南東部の慶尚北道浦項市で、9日午前2時39分、マグニチュード2.3の余震が起きました。

 今回の余震の震源地は浦項市北区の北北西部、マグネチュード2.3、震源の深さは9キロ、最大震度は3でした。

 これに先立って午前1時49分にも同じ地点でマグニチュード2.2の地震が起きています。

 気象庁は、いずれも先月15日に発生したマグニチュード5.4の浦項地震の余震だとみています。

 マグニチュード2以上の余震は、浦項市で合わせて70回発生しており、住民の不安が続いています。

 気象庁は、先月の浦項地震が、2011年3月の東日本大震災の影響だとされる去年9月の慶州地震と同じようなパターンであることから、余震は、この先、数か月続くことが予想されるとしています。

 慶州では、1年2か月が過ぎたいまも余震が続いています。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=66087&id=Dm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ