一日も早くバ韓国塵どもが死に絶えますように


大統領が文在寅になっても、バ韓国の少子化はますます加速しているようです。

今年の10月の新生児の数は3万匹を下回り、最小限の水準になったとのこと。


ちなみに、新生児の数は2015年12月から

23ヵ月連続減少しているんだとか。


これは素晴らしい状況ですね。



ちなみに、

この日本に巣食っている糞帰化チョンや屑在日どもを完全に駆逐できれば、

少子化対策に回せる税金がかなり増えることになります。


やはり、日本の少子化対策として最も有効なのは屑チョンどもを一匹残さずぶっロコすことでしょうね。



-----------------------
'少子化対策失敗' 10月出生数3万人また、崩壊

 ムン・ジェイン大統領がこれまでの低出産政策が失敗だと画期的な対策を注文した中、10月に生まれた新生児数がまた三万人を下回った。 これは歴代二番目に最も少なく、10月基準では最小限の水準だ。

 婚姻・離婚件数は10月、秋夕連休の効果で通報の数が減少し、いずれも減少した。

 統計庁が27日に発表した人口動向を見ると、10月の出生児数は1年前より3700人(11.7%)減少した2万7900人だった。これは昨年12月2万7400人に次いで歴代二番目に少ない水準だ。

 10月基準で、関連統計が集計され始めた2000年以降最少である。今年1~10月までの累積出生児数は30万6千人と、昨年同期より12.2%減少した。

 このような趨勢なら、史上初めて開催した40万人台割れが確実視される。残った二ヵ月間、昨年の水準から出生児数が増えたとしても、今年の年間で30万人台中盤に止まることとみられる。

 前年同月と比較した新生児数は2015年12月から23ヵ月連続減少している。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LPOD&mid=sec&oid=001&aid=0009775297
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ