五輪後に負債を抱えるだけのバ韓国


前々から分かっていたことですが、

平昌冬季五輪の競技施設のその後の使い道がまったく未定となっているようです。


その年間維持費は、数百億ウォンにもなるんだとかwwwwwww


たかだか21万匹が暮らすにしか過ぎない江陵市が、維持できるわけもありません。



この施設維持によって、ジワジワと屑チョンどもの首が絞められていくと思うと爽快ですなぁ。


-----------------------
平昌五輪会場、今後の利用定まらず=施設維持には年間数十億円―中国メディア

 2018年2月28日、中国新聞網によると、平昌冬季五輪の閉幕に伴い、韓国では競技施設の有効活用が議論となっている。施設の維持には年間数十億ウォンから数百億ウォン(約数億~数十億円)がかかるとみられ、同五輪組織委員会は各方面に支援を呼びかけている。 

 記事によると、五輪会場となった施設12カ所のうち、今後の管理主体が決まっていないのは4カ所。うち江原道のチョンソン高山スキー場は、原状回復費に1000億ウォン(約100億円)近くかかる見通しという。残る3カ所のうち、江陵市のスピードスケート場、アイスホッケーセンターなどは今後、韓国代表チームのトレーニング施設として利用される予定。いずれも年間維持費は20億ウォン(約2億円)以上かかる見通しで、管理主体が決まらない原因になっているという。 

 一方、地元の江陵市の人口は21万人あまり。市民が利用するスポーツ施設としては数が多すぎるため、江陵道知事は「21年の冬季アジア大会を誘致したい」と表明しているが、記事は「財政的にも難しそうだ」と分析している。

http://www.recordchina.co.jp/b574494-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ