バ韓国の飲食店は汚いのが当たり前


バ韓国に釜山にある飲食店が何軒も摘発されていました。


その理由は、

ネズミの糞まみれの布巾があったり、賞味期限を2年も過ぎている食材を使っていたりしていたというもの。


なんだ、バ韓国では珍しくもなんともない光景ですね。



観光客向けの飲食店であったとしても、問題ないでしょう。


わざわざバ韓国に行き、屑チョンの作ったものを食べるような連中は、

自殺志願者にしか過ぎませんからねwwwwww



それにしても警察もヒマですなぁ。

こんな店、バ韓国中のあちこちに存在しているのに、摘発する意味なんてあるんですかね?



-----------------------
釜山の人気店にネズミのフン・賞味期限切れ食材

 ネズミのフンだらけのふきんがあったり、賞味期限が2年も過ぎた食材を使用していたりと、衛生管理がおろそかな釜山市内の人気飲食店が多数摘発された。

 釜山地方警察庁の観光警察隊は、海雲台など観光特区にある有名飲食店を対象に合同取り締まりを行った結果、違反業者25店を摘発したと24日、明らかにした。この取り締まりはテレビ番組やブログで「おいしい店」として紹介されたり、外国人観光客が頻繁に訪れたりしている35店を対象に行われた。警察は取り締まりの際、釜山市中区の有名中華レストランの調理場にある棚の上に、ネズミのフンで黄色く変色したふきんを発見した。この中華レストランはゴミ箱に水を入れて冷凍イイダコを解凍していたことでも摘発された。

 同地域の有名韓定食店では、賞味期限が2年過ぎた食用油を使用していた。釜のすぐ上には油かすが大量に付着した換気扇があった。海雲台の焼き貝料理店では賞味期限が1年過ぎたチーズを使用していて摘発された。警察は今回の取り締まりで摘発された25店の事業主と店について、食品衛生法違反で立件したり、衛生不良関連内容を担当機関に行政通知したりした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/25/2018052501295.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ