国民全匹が犯罪者のバ韓国


今年の6月、4年ぶりに開催されるバ韓国の地方選挙。

その候補者の41パーセントが過去に犯罪を犯していた“前科者”だったとのことです。


前科2犯以上の屑チョンも2割近くいるといのですから、驚きですね!!



もっとも、過去の犯罪歴を偽装している屑チョンも少なくないので、

厳密には候補者全てが前科者と言えるでしょう。



国民全匹が犯罪者のバ韓国なので、こんなキチガイじみた事がまかり通っているんでしょうねwwwwwwww



-----------------------
地方選挙は前科者天国

 2014年の地方選挙の当選者35.9%(3952人中1418人)が100万ウォンの罰金刑以上の処罰を受けた前科者だった。 2010年の地方選挙の3.5倍に達した。

 4年ぶりに開催される6・13地方選挙はどうだろうか。 

 候補リスト(5月18日あたり、8937人)を分析してみると41%が前科者であった。前科2犯以上も18%だ。最多記録は前科15犯のチェガプヨン江原三陟市議会議員候補(無所属)。 

 彼は1990年代から各種罰金刑を受け、2014年の「暴力行為など処罰に関する法律違反」で懲役1年6ヶ月、執行猶予2年を宣告された。

 無所属候補の前科の割合が49%で、平均よりも若干高かったが、院内交渉団体を構成する主要政党も侮れない。民主党候補の36%、自由韓国党40%、正しい政党41%、正義党38%が前科者であった。 

 地方選挙はなぜ前科者天国なのだろうか。 一つは、「過剰犯罪化」のせいだ。 

 韓国人の累積前科者は、2016年基準1160万人を超えた。15歳以上の国民4450万人の26%が前科者だ。

(後略)

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=025&aid=0002822794
-----------------------

それにしても、前科15犯の者が立候補できるだなんてwwwww

さすが、バ韓国ですなぁ。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ