盗撮多発中のバ韓国の公衆トイレ


公衆トイレでの盗撮行為が多発しているバ韓国。

そんな事態に対応するため、公衆トイレ5万か所を“常時点検”するとバ韓国政府が決めたようです。

大金を投じて盗撮カメラ探知機を購入したり、地方自治体や警察署、女性団体などが合同点検班を組織するなど、かなり大がかりの体勢になる模様。


いやぁ、目に浮かびますなぁ。


点検班がカメラを仕掛け、週に1度の点検の際にそのカメラを回収する様がwwwwwww


点検班のメンバーになりたがる屑チョンが殺到していそうですね。




-----------------------
「盗撮を許すな」 韓国政府、公衆トイレ5万カ所を常時点検へ

 韓国政府は、およそ5万カ所の公衆トイレに「盗撮用カメラ」が設置されているかどうか常時点検することにした。教育部(省に相当、以下同じ)・法務部・行政安全部・女性家族部・警察庁は15日、政府ソウル庁舎で、「盗撮が根絶されるよう、可能なかぎり全ての手段と資源を動員したい」という内容を盛り込んだトイレ盗撮犯罪根絶特別対策を発表した。

 韓国政府は、特別財源50億ウォンを支援して盗撮カメラ探知機を購入する一方、公衆トイレおよそ5万カ所を常時点検することとした。地方自治体や警察署、女性団体などが合同点検班を立ち上げ、密集地域など盗撮カメラの設置が疑われる区域を探知機で週1回点検する方針だ。周期的に点検するトイレには「女性安心トイレ」のステッカーが付けられる。

 民間の建物内にあるトイレは、建物の管理者から要請があった場合に点検を支援し、デパートやショッピングモールといった大型民間建造物には独自の点検を要請することとした。小・中・高校でも盗撮カメラ点検ができるよう、教育庁(教育委員会に相当)ごとに探知装置を配り、予防教育を強化する計画だ。

 このほか、「メガネ型のカメラ」「ボタン型のカメラ」など、誰でも購入できて盗撮ができる変形カメラの登録制度を導入し、成人サイトで違法に流布されている映像をリアルタイムで遮断する技術を開発したい-と韓国政府は表明した。警察庁は、外国にサーバーがあるサイトは海外の捜査機関との共助を強化してサーバーの閉鎖を推進したい、とコメントした。女性家族部の鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)長官は「少し前にあった恵化駅のデモは、これまで韓国社会の女性たちが抱えてきた傷と苦痛の深さがどれほどか、あらためて振り返らせる事件だった。今までに韓国国民の前で発表したデジタル性犯罪関連対策がきちんと履行されているかどうか、責任もって点検したい」と語った。

 張長官と行政安全部の金富謙(キム・ブギョム)長官、および李哲聖(イ・チョルソン)警察庁長は15日午後、ソウル・東国大学一帯のトイレを回って、盗撮カメラが設置されているかどうか自ら点検を行った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/16/2018061600516.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ