バ韓国塵はさっさと死ぬべき


バ韓国で、週52時間勤務の制度が始まりました。


その結果、勤務時間の短縮に伴って収入が激減する屑どもが急増しているようですwwwwwww

中には3分の1近くも収入が減るケースもあるようですね。


多くの屑チョンどもは、通常の勤務の後に副業で小銭を稼がざるを得ないということになっているんだとかwwwww



つまり、労働時間を減らすための政策が、逆に屑チョンどもの労働時間を増やしているワケです。


素晴らしいですなぁ。


過労死してくれる屑チョンが増えてくれそうで、楽しみです!!



-----------------------
過労社会から脱出のはずが…労働時間短縮で月給減→深夜まで副業

 「疲れていても他に方法がない。新婚で暮らしはぎりぎりだし、生活費の足しにするために運転代行の仕事を頑張らないといけない

 「週52時間勤務」が本格的にスタートした2日午後9時、ソウル市城東区で会ったキムさん(34)の目は真っ赤に充血していた。キムさんは午前8時にプラスチック生産工場に出勤し、午後8時に退勤、休む間もなく「第2の職場」に出勤したところだった。

 キムさんの仕事は、運転代行の「随伴車」の運転だ。運転代行のドライバーが酒に酔った客の車を運転する際、キムさんはその後ろを随伴車でついていく。そして目的地までの運転を終えた代行ドライバーを次の地点まで乗せていくのがキムさんの仕事だ。

 キムさんは今年4月から随伴車の運転の仕事を始めた。2013年から勤務している工場は、週52時間勤務の導入に伴い、それまでの2組2交代勤務が4月から3組2交代勤務に変わった。キムさんの労働時間は週72時間から52時間に減少した。

 労働時間の減少に伴い、330万ウォン(約33万円)だった月給が100万ウォン(約10万円)近く減った。予想もできなかったことだった。キムさんは「結婚してまだ6か月の新婚夫婦なので、子どもを持つためにはわずかなお金も無駄にできない」として「会社が社内規定で副業を禁止しているため、所得申告の必要がない随伴車運転の仕事を始めた」と話した。運転代行のドライバーは会社に登録しなければならないが、随伴車のドライバーは登録する必要がない。キムさんは「同僚たちが、月給が減った分を運転代行の仕事で補っていると聞き、運転代行ドライバー用のネットのコミュニティーサイトに仕事を探していると書き込んだ」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/03/2018070303804.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ