バ韓国塵のDNAを根絶やしに


バ韓国の合計特殊出生率が、1.0以下になる可能性が高まっています!!


現在、この地球上では合計出生率が1.0未満の国はないので、

バ韓国が世界のオンリーワンになるようですwwwwwwwww



このまま放置しておいても屑チョンどもが死に絶えるのは時間の問題ですね。


でも、できれば我々の世代で屑チョンが絶滅する瞬間を見届けたいものです。


こんな醜い負の遺産を、後の世代に残すのは恥ずかしいことですから。





とにかく、

屑チョンどもの嫌がる行為は、全て人類の善に繋がります。


我々人類ひとりひとりが、屑チョンどもの嫌がる行いを心がけて実行するべきでしょう。



-----------------------
韓国の合計特殊出生率、世界で唯一「1.0割れ」

 今年の韓国の合計特殊出生率は1.0にも届かない、という韓国政府の見通しが出された。低出産・高齢社会委は5日、「今年の新生児はおよそ32万人を記録し、出生率は1.0以下に落ちるものと見込まれる」と発表した。これは、新生児の数が歴代最低のおよそ36万人を記録し、合計出生率が1.05に低下した昨年よりも低い数字だ。また低出産委は「2022年より前に新生児の数が20万人台になる恐れがある」とコメントした。韓国の合計出生率が1.0未満にまで下落した場合、事実上、地球上で唯一の「出生率0人台」の国になる見込みだ。国連人口基金(UNFPA)の資料によると、調査対象およそ200カ国のうち、昨年の出生率が1.0以下だった国は皆無。かつて出生率が1.0未満を経験した国・地域としては台湾・シンガポール・香港などがあるが、相対的に人口が少なく、現在は出生率1.2-1.3のレベルを維持している。

 韓国政府は5日、少子化対策の一つとして「新婚希望タウン」(公共分譲住宅)入居者に対し、30年分割払い(年1.3%の固定金利)で住宅購入費の70%、最大4億ウォン(約4000万円)を融資する案を打ち出した。さらに、人生初の小型住宅(専用面積60平方メートル以下)を構えようとする新婚夫婦に対し、取得税の50%を減免する方針だ。

 国土交通部(省に相当)は、2022年までに韓国国内各地で新婚希望タウン10万戸供給の実施など、163万戸を支援するという内容の「新婚夫婦・青年住居支援案」を発表した。このために、韓国政府は合わせて43-44カ所の公共宅地を新たに開発する計画。このうち、京畿道盆東・ソヒョン洞など首都圏の5カ所を含む13カ所の宅地地区を5日に追加公開した。

 さらに、満6歳以下の児童の親には養育支援のため、仕事をする時間を1日1時間、賃金削減なしに減らす案を推進することとした。現在、配偶者の出産時に有給3日を含め最大5日まで取ることができる「配偶者出産休暇」の期間も、有給休暇10日に増やすこととした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/06/2018070600810.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ