景気指数がダダ下がり中のバ韓国


OECDの景気先行指数が発表されていました。

それによると、バ韓国の数値は64か月ぶりの低水準に突入したようです。


この景気先行指数が1年以上も下落を続けているのは、


OECD加盟国の中でバ韓国だけなんだとかwwwwww


いやぁ、さすが孤高の存在であるバ韓国ですなぁ。



どう贔屓目に見ても、バ韓国経済が好転する可能性は少ないでしょう。


なにしろ文大統領は自国民の現状を無視し、外遊したり北チョンのご機嫌取りで忙しいんですからねwwww




本当に頼もしい大統領ですねぇ。



パククネ婆の政権が終わった時は残念でしたが、

文大統領がここまでバ韓国に打撃を与えてくれるとは予想外でしたwwwww


-----------------------
OECD景気指数、韓国だけ13カ月連続ダウン

 このところ雇用・投資・消費など各種の経済指標がマイナスを記録している中、今後の韓国の景気状況はさらに悪化するだろうという経済協力開発機構(OECD)の見通しが発表された。

 OECDは20日、5月の韓国の景気先行指数(CLI)が99.5だと発表した。これは前月(99.6)に比べ0.1ポイントのダウンで、2013年1月(99.4)以来、64カ月ぶりの低水準だ。CLIは6-9カ月後の景気の流れを予測する指標で、通常100を超える場合は景気上昇、100以下なら景気下降と解釈される。各国の製造業在庫循環指標、長短金利差、輸出入物価比率、製造業景気展望指数、資本財在庫指数、株価指数という6つの指標を基に、最近の数字に加重値を置く方法で算出する。

 韓国のCLIは昨年2-4月に3カ月連続で100.9となりピークに達して以降、5月(100.8)から下がり始め、13カ月連続で下がり続けている。世界の主要国のうち、CLIが1年以上下落を続けているのは韓国だけだ。

 OECDがCLIを集計した32加盟国中、韓国の順位は22位だった。韓国よりも順位が低い10カ国のうち先進国は、欧州連合(EU)脱退を決めて以降、ポンド安で苦しんでいる英国(99.1)だけだった。ライバル国の日本(100.0)は「アベノミクス」に支えられて2016年半ばから着実に景気が上向きになっている。米国(100.2)は2016年半ばに99.0まで落ち込んだが、トランプ大統領就任以降は景気が急上昇している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/21/2018072100460.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ