廃止することになったバ韓国・仁川空港KTX


2014年に開通していた仁川空港KTX。

仁川国際空港と周辺地域をつないでいたこの高速鉄道ですが、わずか4年で廃止されることになったようです。


この仁川空港KTXは計画の段階で赤字が見込まれていたのに、

関係者のゴリ押しで事業が進んでしまったとのこと。


そのおかげで3000億ウォンがドブに捨てられた格好ですwwwwwwww



それにしても、この路線の空席率は8割近くもあっただなんて……。

本当に屑チョンってやつは知能が低いんですねぇwwww



-----------------------
300億円投じた仁川空港KTX4年で廃線、国際空港と高速鉄道に相乗効果なし

 地方から仁川国際空港まで1本で行ける仁川空港行きの韓国高速鉄道(以下、仁川空港KTX)が開通から4年で廃止されることになった。仁川空港KTXは2014年6月に開通、一日に京釜線12回、湖南線4回、慶全線・東海線・全羅線各2回の合計一日22回、仁川空港を行き来していた。ところが昨年、ソウル駅から仁川空港駅まで仁川空港KTXを利用した乗客は一日平均3433人に過ぎなかった。全座席数が1万4970席なので77%が空席だったことになる。誰がどのような理由で同事業を推進したのだろうか。

■平昌五輪後すぐに廃止手続き

 仁川空港KTXは2010年、鄭鍾煥(チョン・ジョンファン)国土海洋部(省に相当)長官時代に、「KTXに仁川空港とつなぎ、鉄道運営を効率化する」として推進された事業だ。同部の洪淳晩(ホン・スンマン)交通政策室長=当時=が主導した。ところが、韓国政府系シンクタンク・韓国開発研究院(KDI)の予備妥当性調査では費用便益比(B/C)が0.93と評価が低かった。B/Cが1未満というのは投資した費用に見合った利益が出ないという意味だ。事業進行が妥当かどうかを問う総合評価(AHP)指標は0.502で、最低基準(0.5)をかろうじて上回る程度だった。KDIは当時、「経済的妥当性がやや不十分なので、事業を施行するかどうか慎重に判断しなければならない」としていた。

 それにもかかわらず、国土海洋部は総事業費3000億ウォン(約300億円)以上かかるこの事業をゴリ押しした。KTX路線が唯一なかった仁川市も同事業を積極的に支持した。劉正福(ユ・ジョンボク)仁川市長=当時=は「仁川発KTX事業は私の最大の公約だ。仁川市民の交通利便性のため絶対必要だ」と主張した。11年6月に着工、新京義線(京畿道・ムンサン-ソウル・竜山)と仁川空港鉄道をつなぐ水色連結線(2.2キロメートル)を新たに作り、空港鉄道路線を高速鉄道が通れるよう、既存の線路を改良する作業などに3031億ウォン(約304億円)が投じられた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/01/2018080101077.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ