バ韓国のヒュンダイ車も突然発火


なぜか、BMW車以外にも様々な車が燃えまくっているバ韓国。


今回は徐行中のヒュンダイ・エクウス車が突然燃え出し、

運転手が怪我を負い助手席に乗っていた屑チョンが死んでいました!!



徐行中の火災なのに、1匹が焼死するとは普通なら考えにくいですね。

よほど火の勢いが強かったのでしょう。



こうもバ韓国だけで車の火災が続くというのは、車両の欠陥とは考えにくいでしょう。


保険金や賠償金目当て、質の悪い燃料やオイルの使用、整備不備……、といった理由が正解でしょうね。



被害者階級に憧れる屑チョンどもの手によって、今後も自動車火災は多発するに違いありません。

1匹でも多くの屑チョンが、その火災に巻き込まれて死んでくれることを祈るばかりです。



-----------------------
国道徐行していた現代エクウス乗用車から火災...1人死亡、1人が負傷

 国道を徐行中だったエクウス車から火が出て、1人が死亡して1人が怪我をした。 

 9日午前1時41分頃、慶北尚州市の南尚州IC入口近くの25番国道でエクウス車から火が出て、助手席に座っていた女性が死亡して、男性運転手は大怪我をして大邱の某病院で治療を受けている。 

 事故の目撃者は「徐行中だった車から火が出るのを見て、駆け付けて運転手を外に引っ張り出した」と話した。 

 警察は車のブラックボックスが燃えてしまい、事故当時の状況を把握するのに困難を経験している。 

 キム・ジョンヒ尚州警察署捜査課長は「車の欠陥なのか別の原因なのかは車両鑑識を通じて原因を調査して、目撃者と運転手を相手に経緯も把握する計画」と話した。 

http://www.yonhapnews.co.kr/society/2018/08/09/0701000000AKR20180809040300053.HTML
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ