景気が回復していると言い張るキチガイバ韓国政府


世界的に雇用が好調のようですが、バ韓国だけはその流れに逆行しています。

失業率は高まるばかりで、自営業者の相次ぐ廃業も止まる兆しが一向に見えないのですから。



しかし!!



バ韓国政府は、


「9か月連続で景気が回復しているニダ!」


と言い放っているのですwwwwww



いったいどこにそんな根拠があるんですかね?

本当に笑わせてくれますwwww



この調子でヒトモドキどもが死に絶えるまで虚勢を張り続けてほしいものです。


-----------------------
9カ月連続で「景気回復」と言い続ける韓国政府

 経済協力開発機構(OECD)がまとめた韓国の景気先行指数が15カ月連続で低下した。6月の同指数は5月を0.3ポイント下回る99.2で、昨年4月以降低下が続いている。通貨危機当時に20カ月連続で低下して以来最長だ。景気先行指数とは約半年後の景気動向を予測する指標で、基準値100以下であれば景気後退を意味する。指数の下落幅も徐々に拡大しており、昨年には月に0.1ポイントだったものが、3月には0.2ポイント、6月には0.3ポイントに拡大した。景気が急速に悪化していることを示している。

 しかし、韓国政府の認識は異なる。企画財政部(企画財政省)は公式の景気判断を盛り込んだ8月の景気動向(グリーンブック)で、景気が「回復傾向」だと指摘した。「不確実性が拡大している」という前提は付けたが、9カ月連続で「景気回復」という診断を維持した。大統領は「経済は改善している」とし、経済副首相は「潜在成長率に近い成長を記録した」と述べた。統計や景気見通しの大半が景気後退を示しているにもかかわらず、政府だけが楽観論だ。それでも与党指導部は景気悪化が「前政権の誤った政策のせいだ」と過去のせいにしている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/13/2018081300856.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ