バ韓国の科学技術は人類のレベルに遠く及ばない


バ韓国の科学技術界でとんでもない騒動が発生中です。


700匹近くの研究者が、偽の国際学術大会に出席すると称して大量の参加費や研究費を横領していたというのです!!


この700匹の中には、ソウル大や韓国科学技術院の教授や研修者なども含まれていて、

存在していない学会に22回も参加していたキチガイもいるようです。



いやぁ、さすが屑チョンですなぁ。

本来の研究より、いかにして金を横領するかと考えてばかりだったんでしょうねwwww


ノーベル賞をいくら欲しがっても、こんな連中ばかりなので未来永劫きゃつらには無理でしょう。



ま、横領された金の大部分は買春で使ったと思われるので、国内経済の循環には一役買っているんじゃないですかね?




-----------------------
韓国科学界、「偽国際学術大会事態」で衝撃

 「話を聞いて暗澹たる気持ちになった」「あってはいけないことが起きた」「関連者は厳しく処罰する」。

 韓国科学技術界が窮地に立たされている。偽国際学術大会への参加や研究費の横領などが次々と明るみになっているためだ。科学技術界は謝罪声明発表はもちろん、最大で合計700人に達する研究者に対する調査と懲戒まで行う見込みだ。特に、最近の偽国際学術大会関連では、研究者の中にソウル大やKAIST(韓国科学技術院)など韓国名門校の教授や学生、科学技術界代表研究機関である韓国科学技術研究院(KIST)の研究者が多数含まれたことが分かり、衝撃が広がっている。 

 韓国科学技術団体総連合会や国家科学技術研究会、韓国科学技術アカデミー、韓国工学翰林院、大韓民国医学アカデミーなど5つの科学技術団体の団体長は17日午前、ソウル駅三洞(ヨクサムドン)科学技術者総連合会館に集まり、「研究倫理再確立に向けた科学技術界声明書」を発表する予定だ。声明書には、偽国際学術大会だけでなく研究開発(R&D)事業予算の不適切な執行、著名研究者の著書代筆、未成年の子女を論文共同著者に含めるなど、最近韓国内で相次いで明らかになって問題になっている研究倫理イシュー全般に対する反省と予防策などが盛り込まれるものとみられている。 

 偽国際学術大会事態とは、「世界科学工学技術学会(WASET)」という名前の幽霊国際学術大会団体が世界の研究者を対象に審査過程なく論文を掲載したり、名前だけの国際学術大会に参加したりすることを指す。学術大会に参加した研究者のうち、相当数は形式的な発表をした後、現地の観光や遊興に多くの時間を使っていたことが分かった。

http://s.japanese.joins.com/article/107/244107.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ