バ韓国製の折り畳みスマホはただの発火物


中国のファーウェイより先に、「折り畳みスマホ」を発売しようと躍起になっているバ韓国のサムスン。


もう結果が手に取るように分かりますねwwwww


ロクに検証もせずに発売を強行し、世界中のアチコチで火災や爆発事故が起こるに違いありません。


折り畳みにすることでバッテリーの過熱が進み、発火するという仕組みでしょうねwwww




ま、バ韓国製のスマホを買うような連中はヒトモドキと大差ないゴミ屑なので、

その火災で1匹でも多く死んでいただきたいものです。



-----------------------
韓国サムスンvs中国ファーウェイ、折り畳みスマホを制する者が市場を制す?―中国メディア

 2018年8月15日、中国メディアの参考消息網は、折り畳みスマートフォンの一番乗りをめぐる韓国サムスン電子と中国ファーウェイ(華為技術)の「争い」について報じた。 

 記事はまず、14日付の韓国紙・東亜日報の報道を引用。サムスンをはじめ、アップル、ファーウェイ、シャオミ(小米)、LGエレクトロニクスなど世界の端末メーカー大手がこぞって折り畳み式スマホの開発競争を繰り広げ、ファーウェイが今年11月にも世界に先駆けて発表すると伝えられる中、サムスンは(液晶画面を折り畳める)フォルダブルフォンだけは「初」を奪われたくないとの立場を表明したことを伝えた。 

 サムスン電子のITモバイル(IM)部門トップの高東真(コ・ドンジン)社長はこのほど、「世界初というよりは、消費者に本当に好まれ受け入れられる『革新』に集中している」としながらも、「フォルダブルフォンだけは『初』を奪われたくない」と意欲を示したという。 

 記事は続けて、14日付の韓国紙・中央日報の報道を引用し、高氏が「これまで具体的に話せなかったのは品質と耐久性の問題のためだ。そのような問題は乗り越えたようだ」とし、具体的な時期には触れなかったものの、ファーウェイの11月より早い発表に意欲を見せたことを伝えた。 

 記事はさらに、13日付の日本経済新聞(中国語電子版)の報道を引用。サムスンが先ごろ米ニューヨークで、本体の電池容量を前モデルから2割拡大したタッチペン付きの新型高級スマホ「ギャラクシーノート9」を発表したことについて、「ユーザー等の反応は『まずまず』といったところ。だが発表会に出席したフランス人男性からは『真新しい機能はない』との声も聞かれた」と伝えた。 

 日本経済新聞は「米調査会社IDCが発表したスマホの今年4~6月期の世界出荷台数調べで、サムスンは前年同期比10%減と振るわなかった。世界のスマホ市場は飽和状態にある。インドと東南アジアは2桁の成長を保つとみられているが、売れているのはファーウェイやシャオミなどの中国ブランドだ。サムスンは今年1~3月期にインドでの出荷台数ベースでもシェア首位の座をシャオミに奪われている。ノート9も苦戦となれば、4~6月期の出荷台数においてアップルを抜いて2位に浮上したファーウェイに抜かれることも現実へと近づきつつある」などと伝えている。

https://www.recordchina.co.jp/b634846-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ