在韓米軍の駐留経費をケチり始めたバ韓国


米韓で行われていた米軍駐留経費負担の協議が合意に至らなかったようです。

バ韓国側が、費用の分担を拒否したため、物別れに終わったとのこと。



いやぁ、屑チョンの分際で思い切ったことをしますねぇ。



税金を意味のないことにジャブジャブつぎ込んでおきながら、駐留経費の負担をケチるとは驚きです。



南北関係の改善を見越して、途端に金が惜しくなったんでしょうかね?


この調子だと、いきなりTHAAD撤廃を言い出してもおかしくなさそうですwwwww



ま、これでアメリカも理解したのでは?


バ韓国は北チョンや中国と同じで、

“敵側”にしか過ぎないということが。



さっさと在韓米軍を撤退しても良さそうですね。

撤退と同時に北朝鮮が行動を起こし、ソウルが火の海になるってことも現実味がありますからwwwww



-----------------------
駐留費負担協議で韓国が米国の要求を拒否=中国ネット「勇気がある」

 2018年8月27日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、米韓の米軍駐留経費負担に関する特別協定の協議が合意に至らなかったと伝えた。 

 微天下は韓国メディアの報道を引用。それによると、米国と韓国は在韓米軍駐留経費負担に関する特別協定の6回目の協議を22日と23日に韓国で行ったが、合意には至らなかったため、9月に再び協議するという。 

 韓国メディアによると、双方の最大の相違点は、米国側は戦略兵器の展開費用分担のため、韓国側の負担項目に作戦支援を追加するよう求めているが、韓国側はこれを拒否していることだ。韓国は、この費用は米軍が支払うべきもので、韓国としては在韓米軍駐留経費の負担のみ協議するとしているという。 

 これに対し、中国のネットユーザーから「韓国は軍に駐留されて主権もないようなものだが、値段の駆け引きをするというのは勇気があると思う」などのコメントが寄せられ、韓国の態度を評価する意見が少なくなかった。 

 また、「税金の使い道はよくよく計算するのが正常な国である」「中国と違って、いくらでもお金を出すというわけではないようだ」など、中国と比較する意見や、「金を出さなければ撤退するよ。トランプ大統領ならそうしかねない」「米軍が日韓から撤退したら、すぐに真っ赤になる(共産主義の勢力下になる)と思うな」というコメントもあった。

https://www.recordchina.co.jp/b638706-s0-c10-d0062.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ