バ韓国・ソウルの実弾射撃場で屑チョンが自殺


バ韓国・ソウルの実弾射撃場で、30代の客が自分の首を撃って死んだそうです。


自殺とみられているようですが、馬鹿な真似をしたものです。


拳銃を手にしているのだから、2、3匹くらい撃ち殺して道連れを作ってほしかったですねwwwwwwww



ソウルの繁華街で銃を乱射してから自殺していれば、拍手を送っても良かったのですが……。





「道連れを作って自殺すれば天国に行けるニダ!」


そんなインチキ宗教がバ韓国で流行ってくれるのを祈りたいものです。


-----------------------
明洞の実弾射撃場で男性客が自殺か、自分の首を撃って死亡

 ソウル・明洞にある実弾射撃場で16日午後8時ごろ、客の30代男性が拳銃で自身の首を撃って死亡した。自殺とみられる。ソウル南大門警察署によると、当時射撃場には社長と従業員4人がおり、客は男性1人だけだった。場内では警備員が警備に当たっていたものの、事故を防ぐことはできなかった。

 警備員は規定に従って男性と共に拳銃の射路に入り、安全に関する注意事項を説明した後、拳銃を固定式射台に固定した。これは拳銃を外して他の人を狙うことができないようにするためだ。

 その瞬間、男性は用意していた自身の電気銃で警備員を脅した。警備員が助けを呼びに行った隙を突いて、男性は体をかがめて銃口の前に近づけた。駆け付けた職員たちが止めたものの、男性は引き金を引いてその場で死亡した。

 男性は映画撮影の仕事に従事していたという。現場では遺書は見つかっていない。警察関係者によると、防犯カメラの映像から自殺とみられるという。

 警察の調査では、射撃場内で安全規定に違反した状況は見当たらなかったという。専門家らは「覚悟を決めて電気銃まで持ってきた人を止めるのは簡単ではないが、警備員の教育を強化する必要がある」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/17/2018091703078.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ