バ韓国・LGディスプレーが希望退職者を募集


一時期は売り上げ好調でバ韓国経済の一端を支えていたLGディスプレー。

この日本でも、安っぽいラブホテルなどでLG製のテレビなどをよく見かけます。



しかし!


中国企業の台頭などで売り上げを落とし、この1年間は赤字になっているとのこと。


その結果、会社設立以降初めて生産職社員を対象とした希望退職を実施するようです。



これからはリストラも加速するばかりでしょうね。


あらゆる分野のバ韓国企業が赤字に転落している現状なので、

いよいよ国の崩壊が本格化してきたといった感じです。



これから先の展開が実に楽しみですwwww


-----------------------
LGディスプレー生産職、初の希望退職実施へ

 液晶表示装置(LCD)事業の悪化で赤字にさいなまれているLGディスプレーが生産職社員を対象に希望退職を実施する。会社設立以降、30数年ぶりに生産職社員を対象とした人為的な人員削減に乗り出したものだ。LGディスプレーは28日、生産職幹部を対象に希望退職説明会を開催した。5年目以上の生産職社員が対象で、10月初めから3週間申請を受け付ける。会社側は慰労金として3年分の固定給与を支給する予定だ。現在、LGディスプレーの生産職は全社員の65%に当たる2万人前後となっている。会社側は「希望退職者数は決めていない」と話している。

 人員削減の背景には、同社の売上高の90%を占めるLCD事業部門の不振がある。中国企業の低価格物量攻勢でLCDパネル価格が大幅に下落し、LGディスプレーはこの1年間、赤字に苦しんでいる。昨年1-3月期は1兆ウォン(約1000億円)台の営業利益を出すほど好調だったが、中国に端を発する危機で今年1-3月期は赤字に転じた。今年4-6月期も2281億ウォン(約233億円)の赤字を出した。

 LGディスプレーはLCD事業部門を縮小し、次世代ディスプレーである有機発光ダイオード(OLED)中心へと事業構造を転換して危機に対処する方針だ。同社は、中国の広州と京畿道坡州にOLED生産ラインを新たに作り、慶尚北道亀尾工場のLCDライン4つは閉鎖した。 LGディスプレー関係者は「事業転換や工場自動化によりやむを得ず発生した余力人材を対象に、希望退職を実施する。研究開発(R&D)やエンジニアなど事務技術職の割合を引き続き引き上げる人材構造高度化で競争力を確保する方針だ」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/29/2018092900420.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ