バ韓国の失業者が史上最高レベルに


バ韓国の経済地獄がさらに続きそうですwwwww


今年に入ってからの月平均失業者の数が1999年以降で最多の113万匹を突破したようです。


同時に、失業給付支給額も4兆5000億ウォンに達し、こちらも同じく過去最大レベルなんだとかwwwww



この調子で行くと、今年の失業給付支給額は6兆7721億ウォン以上になるとのこと。



いやぁ、さすがバ韓国。期待を裏切りませんねぇ。


やる事なす事すべてが裏目に出るのがバ韓国塵どもの習性です。



そろそろ生きているだけ無駄だと気付いてくれる屑チョンどもが急増してくれそうですね。


我々人類の手をこれ以上煩わせることなくさっさと土に還っていただきたいものです。



-----------------------
1~8月の失業者数、1999年以降で最多=韓国

 今年に入り先月まで月平均失業者が1999年以降で最も多い113万人に達したことが確認された。 

 合わせて失業給付支給額も4兆5000億ウォン(約4603億円)を突破し、過去最大級に増えた。 

 韓国雇用情報院が30日に明らかにしたところによると、雇用行政統計を分析した結果1~8月の失業者数は月平均112万9000人で前年同期比4万5000人増えた。 

 1999年6月から作成している失業者数(求職期間4週間を基準)統計を見ると1~8月の平均失業者数は今年が最も多かった。 

 失業給付支給額も増えた。 

 1~8月の失業給付支給額(速報値)は4兆5147億ウォンで前年同期支給額より9017億ウォン(25.0%)多かった。 

 1~8月の失業給付支給額は関連統計を作成し始めた2010年以降で最も多い金額だ。 

 こうした傾向が年末まで続くと、今年の失業給付支給額は6兆7721億ウォンに達する見通しだ。 

 昨年1年間の失業給付支給額は5兆2425億ウォンだった。 

 前年同期と比較した1~8月の失業給付支給額はこの数年の最低賃金引き上げ率と似た水準で増えた。 

 しかし今年の失業給付支給額増加率は25.0%で最低賃金引き上げ率の16.4%を大きく上回った。 

 失業給付受給の前提条件である雇用保険加入者の増加、雇用状況悪化などが複合的に作用したとみられる。 

 特に失業給付の大部分を占めている求職給与下限額が最低賃金引き上げの影響を受け一緒に上昇したためと分析される。

 産業別で見ると、製造業に従事していた人が受けた失業給付が9705億ウォンで1~8月の失業給付支給額の21.5%を占めた。 

 次いで保健業と社会福祉サービス業が5471億ウォン(12.1%)、事業施設管理、事業支援と賃貸サービス業が576億ウォン(11.2%)、卸売と小売業が4822億ウォン(10.7%)、建設業が4639億ウォン(10.3%)、宿泊・飲食業が2390億ウォン(5.3%)などの順で支給額が多かった。

https://japanese.joins.com/article/610/245610.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ