アメリカ人の多くが在韓米軍の駐留に賛成


在韓米軍の駐留に賛成しているアメリカ人は、なんと74パーセントとのこと。

この数値は過去最高なんだとか。


つまり、アメリカ人は北朝鮮に対して油断していないということでしょう。


どんどん武装解除を進めるバ韓国とは大違いですね。



我々人類としても、在韓米軍の駐留には大賛成です。


そのまま駐留していてくれれば、

有事の際にヒトモドキを大量に殺してくれるんですからwwww



一昔前、アメリカ人は「バ韓国はグッドコリア、北朝鮮はバッドコリア」などと考えていたようですが、

どちらもバッドコリアだということがもう少しで証明されそうですなぁ。



-----------------------
米国人、「在韓米軍駐留を支持」74%=過去最高

 在韓米軍の駐留に賛成する米国人が74%と過去最高を記録した。ただし米国と北朝鮮が非核化に合意した場合、在韓米軍は撤収可能とする割合も54%に達した。

 米シカゴ・カウンシル国際問題協議会(CCGA)は1日(現地時間)「外交政策に関する世論調査(2018年度版)」の結果を発表したが、それによると米国人の74%が在韓米軍の駐留を支持していることが分かった。これは在日米軍(65%)や在独米軍(60%)よりも高かった。在韓米軍の駐留を支持する割合は2016年には70%、12年には60%だった。また「米国と北朝鮮が非核化に合意した場合、在韓米軍は一部撤収すべき」は54%で、反対は41%だった。さらに「在韓米軍は完全撤収すべき」は18%だった。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、大統領府迎賓館で開催された第70回国軍の日の演説で「在韓米軍は韓半島(朝鮮半島)の平和を守る役割を今後も変わらず果たしていくだろう」「在韓米軍は東北アジアの安定と平和にも寄与する」などと述べた。北朝鮮が求める終戦宣言を受け入れた場合、在韓米軍の撤収、さらには韓米同盟の解体などにつながるとの懸念を意識したようだ。

 文大統領はこれまで「在韓米軍は非核化交渉とは別問題」との立場を何度も表明してきた。しかし今回の米国での調査から、「終戦宣言」などが一種の「非核化合意」として米国人に受け止められた場合、米国内で在韓米軍の削減を求める声が高まることも予想されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/02/2018100200992.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ