ICT強国を勝手に名乗っているキチガイバ韓国


勝手にICT強国を名乗っているバ韓国ですが、その実態は惨めなものでしたwwwwww


学校内で学生が使うことのできるPCの数は、OECD平均の半分にも満たなかったのです。


さらに、学校でインターネットを使わないと答えた学生の数は、OECD平均の倍以上wwwwwww



こんな状態でICT強国と名乗るとは、本当に馬鹿げていますね。


ま、屑チョンの寝言に耳を貸す気は最初からありませんがwww



-----------------------
「ICT強国」韓国の名折れ…校内学生用PC数はOECDの半分

 人工知能(AI)、バーチャルリアリティ(VR)、モノのインターネット(IoT)など、未来技術を活用した教育をするには無線インターネットの接続環境、学生別に提供される十分なデジタル機器が必須だ。情報通信技術(ICT)強国であり教育熱も高い韓国の環境は果たしてどうなのか。 

 経済協力開発機構(OECD)加盟国と比較してみると、韓国の状況は「落第点」だ。OECDが3年ごとに集計している加盟国満15歳の学生を対象としたICTフレンドリー度アンケート調査の結果でこのような実態が赤裸々に表れている。最近の調査は2015年に行われた。韓国はまず、「学校内インターネット使用時間」がとにかく不足している。「学校ではインターネットを使わない」という学生が韓国は56.7%。OECD平均は24.6%だ。 

 学生が使えるコンピュータ(PC)も不足している。韓国は0.37台で、OECD平均(0.77台)の半分にも及ばない。 

 学校でのデジタル機器(デスクトップ、ノートブック、携帯電話、タブレットPCなど)使用頻度は、調査対象31カ国中、韓国は30位で最下位から2番目だ。デジタル機器を社会的相互作用道具として考える認識もOECD平均に至らない。 

 韓国教育学術情報院(KERIS)は昨年出した報告書で、「学校のデジタル機器アクセシビリティを高められるような対策が急がれる」と指摘した。デジタル機器の普及が教師の行政業務用に使われ、学生のデジタル機器使用につながっていないということだ。この報告では「韓国の学生は、デジタル機器を多様な問題を解決して学習興味を高めたり、友人と協業したりする用途では積極的に使えずにいる」と指摘した。 

 無線インターネットの接続環境の改善も急がれている。エデュテック革命の先端・オーストラリアでは、公・私立学校内のほぼすべての空間で無線インターネットに接続することができる。韓国は小・中学校のうち無線インターネットに接続できる学校は非常に少ない。韓国教育部は今年、無線インターネットが設置されていない小中学校4400校に無線インフラの拡充を進めている。だが、これさえもすべての教室が対象ではない。無線インターネットに接続できる教室が1校当たり4カ所程度に制限されている。

https://japanese.joins.com/article/715/245715.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ