アジアパラ大会で屑バ韓国がインチキで金メダル獲得


インドネシアで開催中のアジアパラリンピック大会。

その男子柔道・障害等級2級で、バ韓国塵が金メダルを獲得していました。



しかし!


この屑チョンは普通に運転免許も取得しており、

視力は両目とも「1.0」だったことが判明!!


その他にも視力障害者だと偽って大会に出場しているバ韓国塵選手が何匹もいるようです。




いかにも屑チョンどものやりそうなことですなぁ。



やはりスポーツの国際大会にヒトモドキを出場させることが間違いなのです。



自ら進んで屑チョンどもを見たいと思うのはキチガイくらいなので、

そのスポーツが中継されていても視聴率は稼げないでしょう。



きゃつらの生きている姿を目にしないで済むよう、一刻も早く根絶やしにするべきなのです。



-----------------------
金メダルをとった視覚障害の韓国人選手、本当の視力は「1.0」だった?=韓国ネット「世界を相手に詐欺?」「メダルを返そう」

 2018年10月9日、韓国・JTBCによると、インドネシアのジャカルタで開催中のアジアパラ大会に出場している視覚障害の韓国代表選手らの中に、視力が1.0の選手が含まれていることが分かり、物議を醸している。 

 記事によると、8日に行われた同大会柔道で金メダルを獲得した韓国人のA選手は、障害等級2級の選手。2級には、矯正視力0.02以下の人が該当する。しかし同選手が昨年、運転免許を取得するためソウル江南の病院で検査したデータによると、視力は両目1.0となっていた。同じく障害等級2級で今大会に出場しているB選手は、16年の検査では両目0.8となっているが、15年に障害者の世界大会に出場し、銀メダルを獲得していたという。 

 記事は、この問題について「国政監査で本格的に取り上げられるとみられる」と伝えている。韓国与党「共に民主党」のイ・ジェジョン議員は「正当な出場機会を奪われた障害者たちがいる。身体検査や選手選抜に問題がなかったか、調査する必要がある」と述べた。 

 また文化体育観光部は、パラ大会開幕前に「一部代表選手の障害等級が疑わしい」として障害者体育会に再検証を指示していた。しかし同会は再検証をせず、兵役対象者3人のみを代表から除外したという。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは「目が見えないふりをして金メダルを取るなんてひど過ぎる。良心の欠片もないのか?」「本当の障害者たちが被害を被っていることは考えないの?」「韓国の体育界が世界を相手に詐欺?恥ずかしい」「組織的不正があったのだろう。この事実を知らなかったはずがない」「国の恥。韓国で捜査し、メダルを返そう」など、選手や障害者体育会への厳しい批判の声が上がっている。その他「車椅子マークの車から降りて普通に歩いている人もよく見かける」「スポーツだけじゃない。韓国では全ての分野が腐敗している」などと訴える声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b652056-s0-c50-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ