バ韓国の女流画家・李聖子


2009年に死亡したバ韓国の女流画家・李聖子。


バ韓国の国立現代美術館は、この屑チョンの絵画をオークションで3770万ウォンを投じて落札。


しかし、2012年に画家の遺族らが偽作疑惑を提起していたとのこと。

それでも美術館側は調査をせずにそのまま放置!



今回その問題の絵画が、真っ赤な偽物だったことが判明していましたwwwww


いやぁ、さすがバ韓国ですね。



以前にも、絵画を描いた画家自身が「偽物ニダ!」と主張していたことがありましたが、

本物だという判決が下されてしまう国なのです。



国民の税金をドブに捨てたことがバレるのを恐れ、偽物だったと言えない状況なんでしょうね。

バ韓国の美術館にはそんな偽物がごろごろしていることでしょう。





もっとも、ヒトモドキに芸術や美術を理解することなんて不可能なので、

美術館側にとっても訪れる側にとってもどうでもいい話なのでしょう。


-----------------------
韓国の美術館でまた「偽作」騒動=ネットから非難の声「偽物と本物の区別もできない?」「全部調査すべき」

 2018年10月11日、韓国・朝鮮日報によると、韓国の国立現代美術館が所蔵する画家・李聖子(イ・ソンジャ、1918~2009)の絵画「隠された木の記憶」が偽作だったことが判明した。同美術館は同作を15年間も所蔵していたという。 

 記事によると、偽作疑惑を提起したのは、李聖子生誕100年の展示を準備していた学芸研究員。今年2月に専門家会議(4人)を経て、同美術館側が偽作との最終結論を下したという。この事実は、自由韓国党の金在原(キム・ジェウォン)議員室からの資料要請により明らかとなった。同美術館は同作を2003年にソウルオークションを通じて3770万ウォン(約377万円)で購入し、12年に1度展示していた。 

 また記事は「画家の遺族が12年から偽作疑惑を提起するも、真相調査が行われなかったという主張も出た」とも伝えている。 

 同美術館は「製作・流通関連捜査を依頼し、競売会社に対する損害賠償を要求中」と明らかにしている。 

 これを受け、韓国のネット上では「韓国の鑑定士は偽物と本物の区別もできないのか」「12年に親族側が言ってたのに今になって? ありえない美術館」「あんなゴミを買って保管するために国民の血税を無駄遣いしたの? 関係者をみんな懲戒して」など美術館への非難の声が相次いでいる。 

 かつても同様のことがあったようで、「故チョン・ギョンジャ画伯の『美人画』も本人が偽作と主張したのに、本物と判決してしまう国」「一度や二度のことじゃない。こうなったら全ての作品を調査すべき」と寄せるユーザーも見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b652725-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ