海外で日本人のふりして売春するバ韓国のメスども


バ韓国では現在、梅毒患者が急増しているんだそうです。


しかも!


その患者の多くは20代の若者なんだとか。



さらに、梅毒以外の性病も、20代を中心に増加傾向にあるとのこと。



バ韓国の疾病管理本部は、


晩婚のせいで自由な性行為を楽しむ若者が増えているからニダ!


と分析しているようですが、大きな間違いですね。


相手の生死を問わず犯しまくったり、種の壁を越えて動物を犯しまくる屑チョンどもなので、

性病が蔓延している状態が普通だと言えます。



こんな連中が海外に拡散して売春を行うのですから、始末に負えません。


水際で食い止めるのにも限界があるでしょうから、やはり見かけ次第殺処分すること以外に解決方法はないでしょう。


問答無用で害獣どもを射殺できるような世界が待ち遠しいものです。



-----------------------
韓国で梅毒患者数が急増

 性感染症である梅毒の患者数が20代を中心に急増していることが分かった。ほかの性感染症の患者数も徐々に増えている。疾病管理本部は「晩婚化で自由な性的関係を持つ傾向が広がり、20-30代の性感染症患者がほかの先進国並みに増加している」と明らかにした。

 疾病管理本部が21日、国会のキム・スンレ議員=自由韓国党=に提出した資料によると、梅毒患者は2013年の776人から17年には2138人と患者数が5年間で約3倍になったという。梅毒は性行為によって感染する性感染症で、性器に痛みがない潰瘍(かいよう)が生じ、性交時に潰瘍を通じて梅毒菌が感染する。発熱・頭痛・内臓損傷などにもつながる可能性がある。

 20代の梅毒患者数は昨年787人(全体の37%)で、ほかの年齢層に比べて高かった。20代の患者は13年の258人から17年に787人に増えた。金炳基(キム・ビョンギ)議員=共に民主党=が国防部(省に相当)から提出を受けた資料でも、韓国軍内の梅毒患者が13年の38人から17年には201人に増加したことが分かった。疾病管理本部は「軍人・義務警察官(兵役の代わりに警察に勤務する警察官)などを対象に性感染症の予防と早期発見のための教育をしている」と述べた。30代の患者は同期間に186人から499人に、40代は138人から322人に増えた。60代の患者も13年の8人から17年には116人に増えた。梅毒を含む性感染症の全患者数も13年の1万640人から17年は2万7277人に増えている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/22/2018102200549.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ