バ韓国の欠陥ヘリ「スリオン」


フィリピン政府を騙くらかして欠陥ヘリ「スリオン」を売りつけようとしていたバ韓国。

しかし、その輸出計画が水泡に帰していましたwwwww


スリオンだと10機しか買えない金額で、アメリカが「ブラックホーク」16機を購入できると持ち掛けていたようです。



いやぁ、ちょっとばかり残念ですね。

フィリピンのあちこちで「スリオン」が墜落する様子を拝みたかったものです。



そもそも屑チョンの分際でヘリの輸出だなんて、身分をわきまえない暴挙でした。


なにしろ車輪ひとつまともに作れない連中なんですからwwww



世界最高水準のヘリだと宣伝しているバ韓国ですが、

そんな戯言を信じるキチガイは世界広しといえど朝鮮ヒトモドキくらいなものでしょうね。



-----------------------
韓国型ヘリ「スリオン」、フィリピン向け輸出計画が頓挫

 韓国航空宇宙産業(KAI)が推進していた韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)のフィリピン向け輸出が、事実上暗礁に乗り上げたことが11日までに分かった。韓国軍関係者は11日、「機動ヘリ事業を推進していたフィリピン政府が、機体部分に関する評価でスリオンよりも米国のUH60(ブラックホーク)に高い点数を付けた。韓国側では、企業協力や各種の追加支援などを『オプション』として打ち出して終盤の総力戦を展開しているが、ひっくり返すのは事実上困難な雰囲気」と語った。

 このことは、フィリピン政府関係者の公の発言にも表れた。フィリピンのデルフィン・ロレンザーナ国防相は最近、「最終的に、ブラックホークを購入するのが一番いいオプションだという結論を下すことになった」として、スリオンではなくブラックホークを配備することにしたと語った。ロレンザーナ国防相は「われわれは資金不足でスリオンを10機しか購入できない。ところが(ブラックホークは)16機購入できる」とも語った。

 韓国の防衛事業庁の関係者は「たとえ機体の評価がそのように出ても、最終決定されたわけではない」と語った。

 今回、事実上挫折してしまったスリオンのフィリピン向け輸出は、韓国の現政権が力を入れてきた事業だ。韓国国防部(省に相当)は、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が今年6月に韓国を訪れた際、ソウル市竜山区の国防庁舎前練兵場にスリオンを展示したこともあった。当時、ドゥテルテ大統領はおよそ10分間スリオンの性能や作動法について説明を受け、自らヘリを始動させてみることもした。その後、ドゥテルテ大統領はロレンザーナ国防相にスリオン購入を検討するよう指示を下した。

 だが問題は「価格競争力」だった。韓国軍関係者は「スリオン1機の価格は250億ウォン(現在のレートで約25億円。以下同じ)前後で、フィリピン側が策定した予算では10機買えるというレベルだった。だがブラックホーク側は同じ予算額で16機を提案したので、あちらに傾くのは避けられない面がある」と語った。また韓国政府の関係者は「結局、戦闘機や戦闘ヘリを輸出しようと思ったら米国と競争しなければならないが、米国側のけん制が強いという面もある。市場参入そのものが困難な状況」と語った。

 スリオンの「親類」に当たる韓国海兵隊上陸機動ヘリ「マリオン」の墜落事故も、今回の決定に影響を及ぼしたという。フィリピン政府側が直接、安全上の問題を提起したわけではないものの、スリオンに傾きそうだったフィリピンからのヘリ受注の件にブラックホークなどが食い込む余地が生まれた-という見方だ。事故直後、韓国大統領府(青瓦台)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が乗り出して「われわれのスリオン・ヘリの性能と技量は世界最高水準」と語ったが、スリオンのイメージ失墜を防ぐことはできなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/12/2018121280024.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ