公務員試験に殺到するバ韓国塵ども


今年度の“大幅な公務員増員”をバ韓国政府が発表していました。

昨年度より30パーセント近く増やすようで、史上最大規模の採用規模になるとのこと。



最低賃金の引上げで民間企業は次々に廃業へと追い込まれているというのに、

税金で大量の役立たずに飯を食わすとはwwwwwww



何の生産性もない公務員ばかりを生み出し、国民の税金を消費するばかりの文政権。



こんな短期間でここまでバ韓国を窮地に追い込むとは……。

文大統領の底力に背筋がゾクゾクしちゃいますなぁwwwww



-----------------------
韓国の大規模公務員採用は「粉飾雇用」…国民の負担ばかり増える

 文在寅(ムン・ジェイン)政府が公約通り、大規模な公務員増員に拍車を加えている。昨日、韓国行政安全部はことし合計3万3060人の地方公務員採用計画を明らかにした。これは昨年より何と28.7%多い規模だ。これに国家公務員1万4000人と公共機関2万5000人を加えれば公務員を含む公共機関採用人員はことし7万2000人を越える。史上最大規模の公共部門採用だ。 

 政府は「就職難である上に消防・社会福祉・安全分野は現場の人材補充が至急だ」と必要性を強調している。しかし、この言葉をそのまま受け入れる国民がどこにいるだろうか。韓国国民ならば緩い公務員組織と勤務態度に嫌気を感じた経験をしたことのない人はいない。いくつかの分野ではこれでいいのかと思うほど生産性が低く余剰人材が溢れているためだ。今でも行政機関の窓口に陳情申請者を列に並ばせておきながら公務員がのんびりと雑談し、高位職は窓口の雰囲気も知らずに訪問者を締め出しているところが少なくない。一度採用されれば一生職場が保障される鉄壁の安定職の現状だ。 

 さらに大きな問題は公務員が増えれば増えるほど国民の負担ばかり増えるという点だ。政府が大統領選挙公約通りに昨年から5年間で公務員17万4000人を増やせば、彼らが受け取る給与と年金は天文学的規模に達する。例えば17万人を9級公務員に採用した場合、30年間で彼らに支給される給与は国会予算政策処の推算327兆ウォン(約32兆円)に及ぶ。また、退職後一生受け取る年金は92兆ウォンに及ぶ。このように生産性は低く老後まで保障されるため最近ソウル鷺梁津(ノリャンジン)の上級公務員試験予備校には20代の大学生はもちろんのこと、通う職場に不安を感じる30代の会社員も舞い戻って公務員試験準備生になっている。 

https://japanese.joins.com/article/640/250640.html?servcode=100&sectcode=110&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ