バ韓国の「天弓」が突然発射される!


昨日、バ韓国の空軍基地でトンデモない事故が発生していました!


なんと中距離地対空ミサイルが突如発射され、空中で爆発していたというのです!!


このミサイルは、「バ韓国型パトリオット」と呼ばれるもので8000億ウォンを投じられて開発されたものです。


いやぁ、さすがバ韓国型ですねwwww


是非このミサイルをバ韓国全土に配備していただきたいものです。


スイッチを押してもいないのにアチコチで誤射が起こり、市街地目掛けて飛んでいく……。


考えただけで胸が熱くなりますね。



-----------------------
ボタンも押していないのに…韓国軍の地対空ミサイルが誤発射事故

 江原道春川にある韓国空軍の基地で18日、韓国製の新型中距離地対空ミサイル「天弓」を整備中、1発が暴発(不時作動)して空中爆発した。「韓国型パトリオット」とも呼ばれる天弓は、旧型のホーク・ミサイルを代替するため開発費8000億ウォン(現在のレートで約790億円、以下同じ)を投じ、2015年から実戦配備が始まった新型ミサイルだ。

 韓国空軍は「18日午前10時38分ごろ、春川の空軍部隊で整備作業を行っていたところ、天弓ミサイル1発が非正常発射され、基地近くの上空で自爆した」と発表した。天弓ミサイルの事故が発生したのは初めてで、不時作動した場合には安全のため自爆するよう設計されている。ミサイルの価格は1発およそ15億ウォン(約1億4800万円)。

 韓国空軍の関係者は「発射ボタンを押していないのにミサイルが発射されたようだ。現在までのところ、人命および物的被害は確認されていない」と語った。空軍本部は事故調査班を立ち上げ、システム上の間違いや操作ミスの可能性など、事故原因を調べている。

 この日の天弓の自爆は一般市民のカメラに収められた。写真が捉えた排気煙の様子を見ると、天弓は一直線ではなくジグザグを描いて飛んでいき、爆発した。目撃者の一人は「突然『ドン』という音と共に何かが飛び上がっていき、3-4秒してまた『ドン』と爆発した」と語った。

 これについて、韓国軍の関係者は「ジグザグの軌道を描いているのは、目標が定まっていない状態で発射されたため」と語った。天弓は音速の4.5倍のスピードで、最大およそ40キロ先にいる敵の航空機を撃墜できる。ランチャー1基につき8発のミサイルを搭載しており、わずか数秒という短い間隔で発射できる。2017年11月に初めて実射された天弓は、40キロ離れた標的へ正確に命中した。また、高度2万メートル(最大)で敵の弾道ミサイルを落とすことができる「天弓改良型」も開発され、実戦配備を控えている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/19/2019031980011.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ