違法ごみがバ韓国に戻される


フィリピンに大量のゴミを不法輸出していたバ韓国。

それらのゴミはバ韓国に返品されていましたが……。


今回、中国の汕頭市に持ち込まれようとしていた不法輸出ゴミもバ韓国に返品されることになったようです。


その量、243.7トン!!


この調子で過去にも遡り、バ韓国産のゴミを朝鮮半島に戻したいものです。


あ!

朝鮮ヒトモドキという生ゴミも忘れちゃいけませんね。



全世界に散らばっている屑チョンどもを送り返し、

朝鮮半島以外をきっちり浄化したいものです。



-----------------------
韓国から送られた「ゴミ」243.7トンを全て「返品」

 3月30日、汽笛が大きく鳴り響き、1隻の貨物船がゆっくりと広東汕頭(スワトウ)港を出港、243.7トンの「廃棄粉末塗料」が「原産国」である韓国に送り返された。法制網が伝えた。 

 この返送貨物は、2018年9月にスワトウ税関と青島税関が共同で摘発・調査処分した。「青島某国際物流有限公司・袁容疑者らによる廃棄物密輸入事件」に関係して差し押さえられた貨物だ。2018年8月13日、事件に関係する企業は、40フィートコンテナ10個に収められた計243.7トンの「粉末塗料」の輸入申請をスワトウ港税関に申告したところ、同税関に押収された。鑑定の結果、この貨物は、「期限切れの廃棄塗料」であり、中国が輸入を禁じている個体廃棄物の部類に入ることから、密輸の容疑がかけられた。「個体廃棄物輸入管理弁法」および関連規定にもとづき、スワトウ港税関は、法によりこの廃棄物を撤収するよう命じた。事件に関わった企業と個人は、現在、法に依り法的責任が追及されている。 

 税関総署が2017年に「海洋ごみ一掃青空特別連合活動」をスタートして以来、スワトウ税関は累計78件の「海外ゴミ」密輸事件と80の密輸グループを摘発・調査処分した。

https://www.recordchina.co.jp/b699878-s10-c30-d0035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ