米韓首脳会談、1対1の対話はほぼゼロ分


先日ホワイトハウスで行われていた米韓首脳会談。

その詳細が明らかになってきました。


なんと!


トランプ大統領と文大統領による1対1の会談は、


たったの2分間だったとのこと!!!!


通訳の時間を考えると実質30秒もなかったと思われるので、

ほぼゼロだったと言えるでしょうwww



トランプ大統領がバ韓国を完全に見限っている証拠でしょうねwwww



朝鮮半島全てを焼け野原にすることが人類にとって最善の方法なのです。

今回の会談により、ますます現実味を帯びてきたと言えるでしょう。



-----------------------
韓米首脳会談:1対1会談は実質2分間、懸念通りの結果に

 11日(現地時間)、米ホワイトハウスで行われた韓米首脳会談は昼食会を兼ねて116分間行われたが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ大統領の1対1会談はわずか2分間に過ぎなかった。金正淑夫人とメラニア夫人が同席した1対1の首脳会談は29分間行われた。しかし、文大統領とトランプ大統領の冒頭発言があり、記者たちからの相次ぐ質問にトランプ大統領がすべて回答することに、ほとんどの時間が費やされた。懸念されていた通り、文大統領とトランプ大統領が深い話を交わすことができる1対1会談は事実上、行われなかったことになる。

 同日昼12時19分に始まった1対1会談で、トランプ大統領はホワイトハウスにある自身の執務室「オーバルオフィス」(Oval Office)で文大統領と金正淑夫人への歓迎のあいさつを含め約7分間、冒頭発言をした。その後、文大統領が通訳を含めて6分52秒間の冒頭発言を終えると、トランプ大統領は記者からの14の質問に対する回答を独占した。

 トランプ大統領は報道機関との質疑応答が終わるとすぐに拡大会談と昼食会を行った。昨年5月の韓米首脳会談時は1対1会談が21分間行われた。1対1会談に続き、両国主要閣僚が出席した小規模会談は28分間、拡大会談は59分間、合計87分間行われた。これは予定時間の75分間より12分間長いものだ。これについて、韓国大統領府関係者は「事実上、小規模会議などでも、両首脳が対話を主導した。重要な話し合いは十分できた」と語った。しかし、今回の会談では、メディアに対する共同発表がなく、韓米がそれぞれ発表文を出した。文大統領がホワイトハウスに滞在した時間は127分間だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/13/2019041380007.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ