バ韓国は真っ黒なブラックです


いよいよ日本の反撃が始まりましたね。


バ韓国への輸出規制が始まり、サムスンやLG電子といった半導体メーカーが戦々恐々としています。


ま、今までの体制が異常すぎましたね。


あのキチガイどもを「ホワイト国」に指定していたことが大きな間違いでした。

これでやっと正常な状態に戻っただけに過ぎません。


ここからが重要でしょう。


ビザ発給や送金の停止は言うに及ばず、不法に入国している屑在日どもを一掃するべきです。



そして将来的には、

日本国内でヒトモドキを見かけたら、

問答無用でぶちロコせるようにするべきでしょう。



これは報復でもなんでもありません。


ただの害獣駆除にしか過ぎないので、正々堂々と胸を張りながら粛々とヒトモドキを駆逐していいのです。



一刻も早くこの日本がそんな国になってくれることを願って止みません。



-----------------------
対韓輸出規制:日本政府、韓国を「ホワイト国」から除外へ

 韓国に対する日本の報復措置は、韓国政府の「信頼回復」措置がなされるまで続きかねないという見方が浮上している。経済産業省が1日、制裁措置を取る理由として「(現在は)日韓間の信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況」と言及したからだ。日本は、請求権問題が「完全かつ最終的に」解決されたと明示した基本合意(1965年)に基づき今回の事態が解決されて初めて、信頼が回復されたと見なす、という立場だ。

 韓国の大法院(最高裁に相当)による強制徴用判決に対する日本政府の報復措置は、今年5月から表面化した。当時は厚生労働省が乗り出し、韓国から輸入するヒラメのモニタリング検査を2倍に強化すると発表した。当時、日本メディアはこれを「韓国に対する事実上の報復措置」と解釈して報じた。

 また防衛省は、海上自衛隊観艦式への招請国から韓国を外すという立場を先月発表した。海上自衛隊は今年10月に神奈川の相模湾で、安倍晋三首相などが出席する観艦式を開催し、米・豪・印のほか中国などを招待する予定だが、韓国は排除するというのだ。続いて、経済産業省による今回の経済制裁が出てきた。日本政府は、安全保障関連の戦略物資の輸出手続きを簡素化する、いわゆる「ホワイト国」リスト(外為法輸出貿易管理令別表第3の国)から韓国を外すと決めた。

 経済産業省の措置に続いて、今後さらに法務省が乗り出すだろうという見方もある。在日韓国人50万人と企業の駐在員、留学生などの滞在資格および出入国審査を厳格に行うものと予想されている。

 自民党の外交部会、国防部会では、これまで数回にわたって会合を開き、韓国に対する経済制裁を多角的に要求してきた。麻生太郎副総理は今年3月、韓国に対する報復措置として「ビザ発給および送金の停止」に公に言及したこともある。自民党内の強硬派の要求として、およそ100項目の報復措置が話し合われたという見方も浮上した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/02/2019070280015.html
-----------------------

>日本の報復措置は、韓国政府の「信頼回復」措置がなされるまで続きかねないという


……ということは、バ韓国という国が消えて無くなるまでこの措置が続くということですね。


なにしろ、ヒトモドキに対しての「信頼」なんてものは最初からこれっぽっちもないのですから!



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ